帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

10歳の誕生日

f0182606_00235965.jpg


もう日付けは変わってしまったが
2018.9.8にて、ボブは10歳になった。

数々の転倒や
不治の故障や
乗り手の大怪我や
経済的な危機や
私生活の危機や
心の危機や

たくさんの乗り越えてきた。

懐かしい2008.9.8の納車より
10年14万キロの旅。

これからも
乗り手の力が続く限り
ボブと走っていこうと思う。

ボブ、誕生日おめでとう。

f0182606_00243361.jpg

[PR]
# by blue_harley | 2018-09-09 00:26 | バイク | Comments(0)

走れることは幸せなこと

f0182606_00011238.jpg
オープンプライマリー化を決意してから
BDLのユニットはフォワードコントロールのみで
ミッドコントロールに変更するのにステップと
チェンジペダルを加工して。。。
加工に時間がかかって。。。

またまたこの度も修理改造に3ヶ月を要し
妙に長く感じたなあ。。。

修理アップの連絡をもらって
その日に引き取りに行き
クラッチが旧車並みに重く
乾式クラッチの漢な乗り味に洗礼される。

次の休日はなんとか晴れ予報。
どこへ走るかはどうでもよかった。

夢中で下道で
丹後半島へ走る。

オープンベルトのプライマリーは
セルの掛かりがかなり軽く
スパンっと掛かるので
全て一発で掛かり負担が少なそうだ。

生まれて初めての乾式クラッチは
小気味好くスパスパ切れて
滑る感覚がなくって
ダッシュ力がダイレクトに感じる。
更に蹴飛ばして走ってるかのよう。

しかし、クラッチが70年代並みに重い。
高校生の時に乗ってたバイクや
前に乗ってたカタナを思い出す。
久々なので峠では指が攣りそうだが
乗ってるって感じがして気合が入る。

篠山でコンビニ休憩して
そこからゴツイ乾式クラッチを感じながら
気がついたら伊根に着く。

ああ、戻って来たなあ。
帰ってきたなあ。

丹後半島のワインディングを
そう呟いて走っていた。

次はどう走ろうか。
んー帰ってきたなあ。

f0182606_23595955.jpg







[PR]
# by blue_harley | 2018-07-07 00:39 | Comments(0)

不治の病から

f0182606_00390494.jpg

何度目か分かりませんが
またボブが壊れ
セルギア〜クラッチ周りが不治の病。
f0182606_00382413.jpg

一年毎に壊れる。
f0182606_00385470.jpg



もう流石に限界でボブを降りるしかないと
一度腹を括ったが


未練タラタラ。。。


もう最後の手段へ。

セルギア〜クラッチ〜プライマリーをごっそり換え
オープンプライマリー化する。

BDLオープンプライマリー
パーツ仮組みして
ミッドコントロールステップ用のシフトペダルは加工中。

どうなることやら。。。

f0182606_00484362.jpg







[PR]
# by blue_harley | 2018-05-04 00:52 | Comments(0)

残念ながら

まだ走ってたりする。
f0182606_23550786.jpeg
何も変わらず、走ることが目的で。
オートバイも、相棒ボブも、ペースも。。。
ゆっくりは走ってるつもり。
バイクを降りるつもりもなく。

加太の海へ走り初めに2017年1月2日
ひとっ走り。

なんと言われようが
降りるつもりはない。
54歳のペースで走る。

ボブが壊れるまで
まだまだ走る。

もうここは誰も見ていないとは思うが
また書こうと思う。

[PR]
# by blue_harley | 2018-01-15 00:05 | Comments(2)

1ヶ月の夢中

5月6日のツーリング再開から、もう1ヶ月が過ぎた。
あっという間の1ヶ月。

仕事もギンギンに忙しく
ここに書けなかった。

まとめて書きたいと思う。

この6日は越前海岸〜永平寺へ。

走れる。ハンドルを握る。アクセルを開ける。
道を感じて、鼓動を感じ。。。そして念願の

風を感じることができた。

嬉しかった。

f0182606_23533825.jpg


13日は丹後半島〜香住へ。
タイトなアップダウンと、青い海と美味な魚。
あっという間に距離が伸び。

f0182606_0383560.jpg


20日にはR166を爽快にタンデムで。
初めて寄ったコケコッコー共和国へ。
滅多にないグルメツーリング(笑)

オーバーホール後、800Kmの慣らしを終える。

f0182606_05891.jpg


27日は慣らしを終えたので
軽く性能フィーリングチェックに高野龍神スカイライン〜熊野本宮〜白崎海岸へ。
Long And Winding Road
気を引き締めた。

f0182606_0102735.jpg


ボブのエンジンは全く別物になっていた。
中低速が大きくトルクが盛り上がる。
そうなると、乗りやすく?なったのか?
アベレージが上がった分シビアになった。

TWINCAM TC96のある意味イージーさが消えていて
ダイレクトなレスポンスがシビアな回し方を
エンジンが求めて来るよう。

OHV TWINCAMの本来の動きのような
そんな気がした。
SINGLECAMのようなダイレクト感があって
更に回る、感じ。

でも、慣れないと回せない。操れないエンジン。
あんなにラグジェアリーなエンジンだったのに
ジャジャ馬なエンジンに?
でも、トルクフル。
なかなか表現しにくいが。

ボブはシビアなバイクになったけども
エンジンが楽しい。
エンジンの音も、排気音も大きく。
鼓動感も、楽しくなった。

今までのカスタム中では、一番変わったと思う。

ボブは本当によく乗った。
今までの乗ってきたバイクの中で
これほど乗ったバイクはない。

既に走行距離を12万キロへ向かってきて
持病まで出てきてるし
飽きてきてるはずなのだが。。。

もっともっと走りたいと思う。
もっともっと乗りこなしたくなった。

走ることが増々嬉しい。

f0182606_0504998.jpg

[PR]
# by blue_harley | 2015-06-06 00:53 | Comments(6)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30