帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゆるりと

f0182606_17493451.jpg


この日は雨が空に見える程
曇っていたが
走らずにはいられない
空気は北へ向かっていた

第二京阪を京都山科〜R161〜鯖街道
久々に三方五湖へ来た。

空はやはり今にも落ちてきそうな色が
変わらない色のままだが
春の風が全身を包んだ。

お約束のイカ丼も
湖の色も
何も変わってない。
f0182606_17501325.jpg

待っててくれたのだと
勝手に思いを巡らせて
癒されるように、ゆるりと走る。

少しずつ雨雫が顔を見せるが
また引き返す。

ボブはスーパーチューナーの新しいセッティングで
滑らかに走ってくれる。
まだ、先のあるセッティングを想いながら
アクセルの一絞りに鋭敏な感覚で
チューニングをイメージして。。。
これも思いのほか楽しい。

R166周山街道を帰って行く。

名田庄の道の駅でゆっくり
平日だと食べられない
ぜんざいを食し
まばらな雨の中を出る。
f0182606_17531846.jpg

やはり、雨雫が本格的に落ちてきた。
どんどん雨足が増えてくる。

美山に差し掛かると更に強くなって
久しぶりに、道の駅でカッパを着た。

雨宿りしているバイカーを後に
再度出る。

京都市内を抜け
コンビニで肉まんやラーメン餃子や
缶コーヒーなどを雨宿り代わりにしたりして
帰路に着いた。

ゆるりと走った。

次はどんなチューニングで
どこを走ろうか。。。

色んな走り方をして行きたい。

これはある意味
大きな変化かもしれない。


f0182606_1752166.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-03-26 02:23 | Comments(15)

覚醒へ、と

f0182606_17245938.jpg

ボブはずっと壊れたサブコンを外され
力を落とされていた。
本当の意味でスイッチが入っていなかった。

SCREAMIN'EAGLE SUPER TUNER PROで
純正のECMの書き換えをし
チューンナップを行って
この日は晴れ間で迎えてくれた。

あくまでもセルフチューンなので
完璧には行かないが
セッティングする楽しさがあって
昔、キャブレターや点火タイミングなんかを
弄って遊んでいたことを思い出せて楽しい。

久々に伊勢の方へ
奈良を抜けて走る。

この日はR369〜R368〜R166
K700〜K701〜R23〜R42で向かう。

トルクや排気音、エンジン音はサブコンの時よりも
一回り太くなっている。

道は本領は発揮できないので
様子を見ながら走る。

鳥羽に差し掛かったところで
いつものコンビニで休憩。

休憩を駐車場から出る時
シェイドを落として、ボブで踏んでしまった。

ここから裸眼で走ることとなる。
ちなみに、裸眼視力は0.003である。
何も見えない。
眼を細めながらスローペースで走る。

f0182606_17271494.jpg


この日は本当に晴れ間が続き
見えない眼を助けてくれた。

パールロードを越えて
R260をひた走る。
途中急な上り坂で、急ヘアピンがあって
かなりの突っ込みがいるのだが
チューンされたボブはタフにこなす。
あえてコーナーに突っ込む必要がなくなったので
安全マージンが増えたように思う。

眼さえ見えてたら
かなり楽に走れただろう。
K33〜R42〜K31〜K422〜R166
で帰路に着こうと。。
誤算
R422が通行止め。
R42まで迂回させられ
帰路に着く。

この誤算が悲劇だった。
時間が遅くなったので
陽も暮れて
真っ暗な中、全く見えない。
道を間違う。。。
高見峠で気温はほぼ0℃に。

すっかり疲れて帰ってきた。

でも
ボブにスイッチが入ってきたので
自分にもスイッチが入ったように感じた。

もっと、チューンをしてスイッチを入れて
前へと、新しい道へと
少しでも、少しずつでも
走って行ければと思った。


f0182606_1730397.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-03-17 19:06 | Comments(10)

空と海と太陽と

f0182606_2135581.jpg


雨上がり南の空に走った。
そこには、大きな空と海
そして眩しい太陽が待っていてくれた。

暫くそこで立ち止まって
みんなは心癒してくれる。

この瞬間、この時、この場所に
こうして、ボブは連れてってくれる。
こんな時をずっと
大切にして行きたい。

f0182606_2305867.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-03-13 02:31 | Comments(2)

走りのスイッチ

f0182606_4134582.jpg


久しぶりの休みの晴れを
まだリハビリに届くところの気持ちを
引っ張り出して
まだ傷を引き摺るボブに跨がって
南に降りる。

気温はまだまだ真冬から抜け出させない。
陽射しは陰り、更に気温は落ちる。

阪和道を和歌山の県境に。
パラパラと雨粒が出迎えてくれた。

海南ICで降りて、R42〜有田から
海岸線のワインディングを走る。
いつもの、そして久しぶりの道や海。

改めて太陽が、蒼い海が
春の匂いが
ようこそと
出迎えてくれたように感じた。
白崎海岸。

御坊まで海岸線を行く。

タイトなワインディング。
気が付いたら、夢中で走っている自分が居た。

何かのスイッチが入った様な
音が鳴ったような。。。。

ボブは元のセッティングからあえて
ディチューンしてある。
しかしそれは。。。

それだと、戻れない。
戻りたい。戻れる道を少しでも
戻って行きたい。

スイッチの後の
ボブのアクセルを絞りながら
リフレインした。
f0182606_385745.jpg

御坊からR42で穏やかに
南に更に降りて行く。

志原海岸。

ここでも大きな海が
時が止まったように迎えてくれた。

気が付いたら飯も食ってなかった。
レストランは定休日。
折り返して戻る。
以前なら、このまま紀伊半島を周って。。。

やはりまだ完全にはスイッチが。
ボブが戻ってない。戻る。。。
いや、もっと戻して。。。
そうリフレインして。
呟きながら。。。

夕焼けの空の下
下道で大阪まで戻ってきた。

そして
確かめるように
決心を固める。

f0182606_3562548.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-03-09 04:02 | Comments(10)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31