帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

事故後記 ー前に進めー

事故後、とにかく沢山の出来事があった。
自分にとって厳しい突きつけを迫られている出来事。

色々、様々、転換期、ターニングポイント。

起った物事には、それぞれ意味がある。

自分を磨きなさい。更に進みなさい。

心、気持ちを整えなければ。。。。
答えを探す旅を続けている。
いつまで続けるのか。。。
いつになれば答えが見つかるのか。。。。

前に進む機動力を
少しずつ起き上がってくるボブを見ていて
それを感じた。

そして

それを今も待つ。
f0182606_442196.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-01-23 04:09 | Comments(10)

再出発 Re:Set

私生活もバイク生活も、何もかもがリセットされた。
マイペース、マイペース。

これからも、よろしく!

f0182606_2325263.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-01-10 02:34 | Comments(8)

バイクを降りること

本当は年末に昨年のまとめを書こうと思ったが
公私ともにパニックを起こしていて
ここに来ることすらできなかった。

11月のあのことが来るまでは
いつもの、ブログに書くまでもない
ガキのように、いつものように
暗くなるまで、バイクで遊んでいた。

11月のあの日は、珍しくツルンで走る約束をして
前夜はいつになく、バタバタと仕事に向かっていた。
早く仕事を終わらせたかった。

自転車で転倒し、携帯を落としてしまう。

結局、明け方まで落とした携帯を探して
睡眠は1時間半。

いやな予感がしたが、久々にツルンで走るし
エンジンオイルも換えたし、フロントタイヤも換えたし
リアブレーキパッドも換えたし。

走りたい気持ちが勝っていた。

猪名川の道の駅の待ち合わせ場所に向かう。

阪神高速池田線〜K12。
途中小雨が降り出し、路面は大雨の後の水たまり。
後輪が空転する。
やはりリアタイヤも換えるべきだったかと
後悔しながら慎重に走る。
f0182606_2305166.jpg

久々にボーイと並んで走る。
行き先は岡山県湯原温泉。
行きは峠攻めで走る。

K12で遅い車に捕まり
イライラしてしまう。

転倒。
f0182606_2321852.jpg

やはりリアタイヤはダメなようで
リアブレーキパッドに当たりが付いてないのを忘れ
ブレーキングをミスってしまった。

しかし低速での転倒なのでハンドルライザーがズレたり
傷が入っただけ。
ハンドルが曲がって気持ち悪いけど走れたので
そのまま走る。

途中ガソリンスタンドで工具を使って
ハンドル修正をして続行する。

ボーイの後ろを走るが、ハーフウエットで
濡れた箇所はやはりリアが流れる。

途中少しだけ高速で走る以外は
ユッタリ走る。

R429は前を走った。

狭い酷道はやはり濡れていた。

でもビクビクで走ると余計に危ないので
それなりのペースで抜けて行く。
やはりリアは暴れて安定しない。
そんなに飛ばすわけには行かない。

生野銀山湖に到着。
f0182606_2342825.jpg

暫し愛犬?とはしゃぎ
ボーイは先に走り出す。

ヘルメットかぶり、ボーイが見えなくなってから
愛犬に挨拶をして走り出す。

生野銀山湖のダムサイトから降りて行く道。

感覚として降りる感覚がなかった。

気がついたら。

f0182606_2355425.jpg


記憶があまりない。

バイクが迫って来て

電柱に叩きつけられて

側溝に立っていて

おじいさん二人とおばあさん二人が

「大丈夫か?」「救急車呼ぼか?」「動かない方がいいよ」

と、話しかけてくれていた。

「足が折れたかな」と答えていた。

頭は奇跡的に打ってなかったが
腰が動かなかった。

しばらく、溝の淵に腰掛けて治まるのを待っていた。

ソフトバンクの予備携帯は電波が来ていなくて
もう諦めていたら
おじいさんのau携帯でがボーイに電話をかけてくれていた。

しかし、走っているボーイには繋がる筈もなく。。。

もうおじいさんたちに迷惑もかけれないので
一人で待つことにした。

30分ぐらいだろうか、ボーイが戻って来てくれた。
こっぴどく叱られて、バイクを何とか路上に引っ張り出してくれた。
ハンドルも少し修正してくれて
少しだけ自走できるようにしてくれて
プライマリーカバーに穴があいてオイルが漏れていて。。。
ボーイのau携帯でディーラーに連絡して。。。

最寄りの駅まで、走れるところまで走ろうと。

20〜30KmでトロトロとJR生野駅まで辿り着く。
引き取りに来てくれるまでの間
飯を食べにボーイの後ろに乗って
段差を感じるたびに、悲鳴を上げながら
たいこ弁当で飯を食ったが
やっぱり食欲がなくて、残してしまった。

生野駅に戻って警察に届けて
暫くして引き取りに来てくれた。

身体も一緒に引き取ってくれて
トラックで壊れたボブと身体を運んでくれた。

この日はこのままで帰宅して
翌日病院へ。

腰椎圧迫骨折の疑い。
臑骨挫傷。

身体の傷は癒えつつあるけど
まだ心は癒えない。

またも沢山な方々に迷惑をかけてしまった。

ボーイ。
友人。
通りがかりの、おじいさんやおばあさん。
ディーラーの社長。
店のお客さん方々。

これ以上迷惑はかけれない。

バイクに乗ることを止めるべきなのかもしれない。
止めなければならないのかもしれない。

自分が変わるしかない。
変われるのか?

まだ、自信がない。
でも、前を向いていきたい。

バイクに
ボブに
また乗れるのだろうか

走れるのだろうか。



バイクを降りること。。。って。


f0182606_239582.jpg

[PR]
by blue_harley | 2013-01-07 02:45 | Comments(22)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31