帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨前の朝練〜立ち往生

ホントにこんなに仕事をしなければ行けない
月はないぐらいな時に限って
綺麗に晴れ予報となる。

朝練と称して自分の背中を押して
朝飯のオニギリと焼そばパンを頬張り
いつものように快調なボブに跨がる。

K28〜R166を走って
キリのいいところで引き返そうと。。。
取り合えず阪神高速へ飛び乗り
西名阪へ。
f0182606_1432555.jpg

久々の針TRSで缶コーヒでカフェインを摂取し
やまなみロードに向かう。

この日もまたこの道は、どうぞ!と言わんばかりに
車が居ない。

飛ばしたい気持ちを抑えながら
直線はゆっくりドコドコと
コーナーは機敏に。。。。
あっという間にK28の狭小クネクネ山道を走りきって
R166の高見山峠を一息で抜けて
いつも休憩する道の駅 飯高をパスする。
f0182606_1452998.jpg

天気は手招きするように
朝練じゃなくっていいではないか!と。。。

意志の弱い私は伊勢の方にR368にハンドルを向けた。
道を開けてくれているように、前を行く車がない。
雨雲の気配もない。
こんなシチュエーションも珍しい。

R42を流してK13に入って暫く行くと
道路補修をしている工事現場が多く出逢う。

ある工事現場に差し掛かって
ブレーキを掛けた時。。。。

キューーーッっとゴムが擦れる音と
何かリアがふらつくような挙動が。。。

しかし直ぐ普通に走る。

暫く走ってまた同じ音と挙動。。。?

パンク??

止まってリアタイアを見てみる。

エアーは満たされているようで問題ない。。。
何の音か?何かゴムを巻き込んだ音のような。。。
でも、何も巻き込んでいない。

気を使いながら再スタート。
特に異音は暫くなかった。

パールロードに向かって伊勢を抜けて
二見のR42〜R167を抜けて行く。

異音はしなくなった。
挙動も安定している。。。

気のせいか。。。。

鳥羽市街に差し掛かった伊勢志摩スカイラインとの
交差点に来た時、赤信号でブレーキを

「バキッ」。。。。???

大きい異音が。。。

リアが不安定に揺れる。

ゆっくり左折して、いつも燃料を入れるGSへ入って
取り合えずガスを補給して、ゆっくりリアを見てみる。

シャフトあたりに目がいった時
やっとわかった。

ベアリングが外に数個出ている。
オイルシールパッキンが無くなっていて
アクスルシャフトが破損している。
f0182606_147593.jpg

これはこのまま走っていたら焼け付いて
リアがロックして転倒しただろう。
高速道路だと。。。大事故に。。。

原因は?わからない。。。
私のバイク生活でこんなトラブルは初めてである。

一瞬青く血の気が引いた。。。

以前も南伊勢でオイルパンに穴が開いて
転倒しそうになったり。。。
鬼門か。。。。?

GSの方に事情を説明してバイクを置かせてもらって
取り合えずレッカー手配をする。
妙になれている自分に苦笑する。
f0182606_1511218.jpg


HOGのサポートを見てみると
期限は5月になっていてギリギリだった。

例のごとく?最寄りのディーラーは休みで
取り合えず、なんとか自動車さんがレッカーを出してくれて
一日保管〜翌日伊勢のディーラーへ搬送。
そのディーラーで修理と。。。

こちらの希望の修理先へはレッカー実費負担らしい。

任意保険のレッカーサポートも検討してみたが
10万円150kmまでで、大阪までは300kmでは残りは実費。
この保険に入る時は無制限と聞いていたのに、話が違っていた。

その旨、大阪のディーラーに相談したら
HOGのサポートでレッカーした場所まで
取りに来てくれることで決まった。
f0182606_1535615.jpg

レッカーが来てボブが積まれる。
レッカーはいつも四輪ばかりで慣れていないレッカーが来て
固定方法を少し指示しながら積んだり。。。。大丈夫なんだろうか?

ヘルメットとグローブとフェイスマスクとチャップスを預けて
近鉄鳥羽駅まで送ってもらって
電車で帰る。

以前もこうしてバイクを置いて帰った。
やはり気持ちは凹んで、悲しい、寂しい気持ちになる。。。

大阪まで帰ってきて、ボブをガレージに居ないのを見たり
ソフトバンクの回線が繋がらなくなったり。。。
虚脱感がネガティブを引き起こしてくる。

こんなにトラブルが多くって。。。
また修理で暫く乗れない。。。
修理代がまたかかる。。。
修理代もまた馬鹿高いのか。。。
こんなんじゃ。。。

やはり、自分の乗り方はハーレーに向いてないんじゃ。。。
国産だとトラブルがなく、あっても強くて、安くて
もうボブは降らざろうえない。。。と。

ん?
ずっと乗るんじゃなかったのか?
急に気持ちが戻って来た。
できるだけ安くなるように、がんばろう。と。

色んな方々に励まされて、それを保っている。

今もずっと
ボブが帰って来ることを願っている。

降りないよボブ。

リハビリツーはどこへ行こうか。。。

暫くは梅雨休憩ということで
梅雨明けには、元気になったボブと
リベンジに伊勢かな?



f0182606_28046.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-05-27 02:13 | Comments(14)

晴天朝練

この日は仕事が目一杯忙しく
バイクを乗るのもためらっていて
でも、あまりの晴れ予報に必死で仕事をして
朝練を走るところまでこぎ着けた。

朝6時過ぎにボブを引っ張り出して
阪神高速に飛び乗る。

やはり、快晴が背中をとボブのアクセルをグイグイ押して行く。

久々に気持ちよく晴れた海も見たいし
晴れた高野龍神スカイラインを走りたくなって
阪和道を走る。
f0182606_2181011.jpg

気温は早朝時は結構低かったが
紀ノ川SAで休憩をしていた8時を超えたぐらいから
一気に上昇して、気持ちよく南下して行く。

海南ICで降りてR42を流し、海岸線のK23に入って
由良町の白崎海岸に向かって走る。

風もなく穏やかな快晴で、海も穏やかに綺麗だ。

このところ、走っていて道がわからなくなっても
止まって地図を見なくて。勘で走ってしまう癖になっていて
やはりこの日も道を迷ってしまった。
f0182606_2191461.jpg

湯浅の町中をグルグル回って、タイムラグをしてしまったが
でも、熊野古道の古い町中を見れたり
日頃は通らない景色が新鮮だった。
迷い道もこれだと楽しい。
f0182606_2263969.jpg

白崎海岸はダイバーも増えて賑わっていた。
澄み渡る空を久々に堪能した。

R42に戻って、日高からK176をK21に走る。
交通量も少なく快適にいいペース。

K21のワインディングを一気にK26へ。
R424に入って龍神を目指すが
途中、いつも梅干しを買う、雪の降っている時にしか行かない
椿山ダムサイトの売店へ寄る。
f0182606_2284116.jpg

いつも雪の日に来る人だ。と言われて
柚子みそを買って出る。

ダムサイトの道は快適で
のびのびと走って行く。

R371に入って、道の駅 龍神の隣にある。
カフェで昼飯を取る。
f0182606_231756.jpg

自家製のキーマチーズカレーを食した。
久々に食べたが、ここのカレーは美味しい。
f0182606_232393.jpg

一気に護摩壇山に向けて走る。

全く前に車も居ないので、快適にクネクネを楽しんで
ごまさんスカイタワーで休憩。
全く天気は崩れない。
f0182606_2394627.jpg

気温も高くなってきたが、山頂ではぴったりな爽やかな気温で
気持ちいい。

そもそも高野山で手を合わしたくなってここに来た。
金剛峯寺に手を合わす。
f0182606_2414580.jpg

この日は天気も良いせいか、参拝客が多かった。
というか、こんなに天気のいい金剛峯寺は初めてかもしれない。

お参りを済まして山を下りる。
R370を九度山に降りて行く。
タイトの続くヘアピンを気持ちよく走る。
しかし、下りなので慎重にスローイン・ファーストアウトで。。。

橋本市街を流しR371で河内長野へ帰路に着いて
朝練を終了する。

ふと、河内長野と言えば。。。ハーレー友ブログ友のひろさんを思い浮かべて
給油中にメールをしてみる。

待ち合わせをしてご自宅へお邪魔することに。
まだ、ご自宅にはお伺いしたことがなかったので
少し緊張しつつ。。。。
しかしなぜか初めてお邪魔するような気がせず。。。
お茶まで頂き、話があまりにも楽しく長居してしまった。
ひろさん、Tonさんありがとうございました。
f0182606_3183512.jpg

ひろさん宅で、心地よくゆっくりさせて貰ったおかげで
いつもの疲労感がなく、この日はゆったりゆっくり
ボブを繋ぎ、次に走るコースを思胃巡らすことがとができ
残った仕事を気持ちよくこなせた。

結局朝練にはならなかったけど。。。(笑)

このゆとりが本当は必要なんだろうと
思いながら
また過酷な道を選んでいる自分に苦笑した。



f0182606_25394.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-05-25 03:14 | Comments(12)

迷い道

四国からの帰り道、さすがにあれだけの渋滞の中
頭の中に去来していたのは
明日はゆっくり休もう。。。。だった。

バイクを納めて呆然と疲れて
睡眠に着くまでずっと
明日はゆっくり休もう。。。。だった。

翌日、空は快晴。
チャップスを纏う自分が居た。

やはりあの渋滞はバイクを楽しむことを忘れてしまいそうだったから
楽しみたくなった。

黄砂で白く汚れたボブに火を入れる。
帰ってきたら洗ってやろう。。。。

できるだけ混雑渋滞のなさそうな
お気に入りのワインディングを目指して走る。

阪神高速を池田木部で降りて
K12を篠山に向かう。

池田周辺は混雑の状態だったが
川西を抜け、猪名川を流してるころには
交通量は少なくなった。

R372に入ってコンビニで休憩。
朝から何もおなかに入れていないことに気付いて
コーヒーとチーズドックとおにぎりを流し込んで
コンビニを出る。

K77に入って篠山川とJR福知山線と並列して走る道を流す。
しかも道はガラガラだ。
この道は特に何もないのだが好きな道。
のんびりな鉄道や河川の景色が癒される。

K86に入ってR427を北上する。
ずーっとガラガラの道。
日頃より交通量は少なく
昨日のあの渋滞が嘘だったように
空も快晴に拍車がかかる。

R429に左折する。
この道もさすがに少ないはず。

やはりガラガラだ。
f0182606_2242763.jpg

気持ちよくマイペースに景色を堪能して走る。
空気も澄んで深呼吸をする。

生野銀山湖に着く。
f0182606_2263870.jpg

隼に乗った夫婦タンデムバイカーと少し話をした。
たわいもない道の話だったが、空気がゆっくり流れてホッとした。

R312を北上して再度R429に西へ折れる。
鉱山跡などの景色を見ながらの気持ちいい道。
いつものように快走した。

途中、少し道が思い出せなくなって
適当に左折した。

道は悪くなく山へ登って行く。
しかし、こんな道だったか。。。

燃料がレッドゾーンにきていたが
距離的には波賀辺りにGSがあったので
そこまでは持つだろうと。。。走った。

さらに登る。

分かれ道を勘で左へ。。。。

明らかに初めて通る道。

上り坂の石がゴロゴロのダートに入ってしまった。
携帯の電波はないので、iPhoneのGoogle Mapは使えない。
場所が分からない。

酷いダートはどこか山中に消えている。
どこかには抜けるのだろうが、この酷く石が多いダートは
こんなハーレーだとパンク率が高くなる。
燃料も計算外に少なくなっている。
f0182606_2284981.jpg

途中さすがに引き返した。
狭小路の、しかも石がゴロゴロの坂道を
Uターンするのにさすがに手間取ったが
この道はヤバイと直感で思った。

引き返して来る途中にあった分岐を逆側に行ってみる。
しかしこれも走ったことのない道で
どんどん道幅が狭くなって
さっきの道より酷い道に。
暗い岩だらけの行き止まりに着いた。

これはなぜだかわらないが直感で空気が
ヤバク感じたので慌てて写真も撮る余裕なくUターンする。

さらに燃料がミニマムに。。。
気だけ焦って、岩だらけでかなり狭い道幅で、しかも上り坂。
それらにタイヤが取られて方向を変えるのが大変だった。

気を取り直して幹線道路まで降りて行く。
R429の標識を見て、地図を見直して再スタート。
あまり知らない道をむやみに行くものではない。
しかも燃料も少ないのに。。。

これはハーレーなどのアメリカンバイクに乗る
初心者や女性ライダーなどは、多分引き返せなかったと思う。
最近はナビを携帯してることが多いので
恐らくこんな無謀はないとは思うが。。。

後で地図を見返して、K521〜志倉道谷林道ということがわかった。
あのままダートを走るとアップダウンを繰り返してK48に突き当たり戸倉へ抜ける。
腕達者のオフローダーが行くべき道だった。

何とか燃料を温存するためにペースダウンして
高野峠を登る。
これがかなりの勾配で燃料が一気に無くなる。
峠の山頂に着いて、そこから惰性のみで降りて行く。

やっとR29に突き当たる。
斉木口のGSにたどり着くが、ボブのタンクはギリギリだった。

再びR429で西に向かう。
志引峠からの絶景を堪能しながら
極上のワインディングでホッとして走る。

R373を智頭〜鳥取へと北上して
R53で鳥取を経由して、R9〜R178を帰路に着く。
f0182606_2334321.jpg

途中、陸上で夕焼け絶景を堪能しする。
言葉は要らない。。。
f0182606_2401164.jpg


陽が落ちると漁り火が一斉に灯る。
f0182606_2425493.jpg



陽がトップリ暮れたので、気温が下がり途中GSでインナーダウンを着込む。

R312〜R426〜K2〜R312養父を経由して
R9で福知山のMacで休憩を入れて
舞鶴若狭道〜中国道の12Km渋滞を経て
無事に帰還した。

少しアクシデントはあったが
バイクらしい道を、ボブが豪快に走ってくれて
陸上から見た夕日が、疲れたゴールデンウイークに
ピリオドを打ってくれたように感じた。

明日黄砂を洗い落としてやろう。
そう呟いてボブをガレージに繋いだ。


f0182606_244595.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-05-13 02:52 | Comments(12)

四国上陸〜四国脱出?

高速道路の1,000円恩恵も殆ど得ないまま
これも終わろうとしていた。

恩恵の受けれる最後のツーリングに出ようと
四国へと走る。

まだ薄暗い早朝、阪神高速から中国道へ。
明らかにこんな時間帯なのに交通量が多い。
神戸JCTで山陽道に入る。
いつものウイークデイなら、トラックや営業車ばかりだが
そうではない車が満載の様子は慣れていない私はちょっと戸惑った。

あっという間に岡山に入る。
吉備SAはファミリーカーでごった返していた。
f0182606_15344250.jpg


ガソリンを補給してそそくさと出る。
視界に入る「通行止め」の標識に気を奪われて走る。
倉敷JCTから瀬戸中央道に入ってその標識を目の当たりにしてしまう。

火災のため通行止め
f0182606_1536512.jpg

一斉に水島ICに下ろされている。
瀬戸大橋は渡れるのか?
不安が過った。。。。

ICを降りようとした寸前、通行可能のアナウンスが流れた。
降りる寸前の車が一斉に右に出ようと、パニック気味になっていた。
暫く待って、パトカーの後をついて走って行く。
f0182606_1537243.jpg

児島付近の対向車線だったろうか、黒焦げの車が目に入った。
大事故をしていて、これで対向車線も止められて渋滞となっていた。

無事に坂出に渡って、高松道~松山道を走る。
交通量は普段並みに減って、快適に速度超過に気を付けながら
ひた走る。
何しろ点数がもうリミットに来ているので捕まるわけにはいかない。

石鎚山SAにスムーズに着く。
ここもファミリーカーでいっぱいだ。
バイクも多く、バイク置場を溢れかえっている。

そもそも4~5台しか停められない置場に難があると思う。
これはどのSAやPAでも、現状を見たら明らかなので
早く改善して欲しいと思う。
このままでは、いつか大きな事故が起こるように思う。
歩行者やバイクや四輪が際どくすれ違っている。

また、そそくさとSAを出る。

松山IC~18Km渋滞の標識が目に入る。
以前、行けなかった道後温泉や天気の良い海沿いを走りたい。
松山ICで高速を降りる。
¥1,350-の料金表示に恩恵を感じる。

まだ朝飯を食べて居なかった喫茶店に入ってモーニングを食べる。
豪華なモーニングで腹を満たす。この地方はモーニングが立派なようだ。
デザートに昆布茶が出てくる。
f0182606_15455726.jpg

この日は空気が黄砂のせいで真っ白になっていて
素晴らしい景色が全く見えなかった。

県道を伊予市方面に走って、R378夕やけこやけラインを流す。
相変わらず黄砂で真っ白で何も見えないが
海沿いの爽やかな道を長浜方面へゆったり
気温も穏やかに快適な道を久々に走る。

R197に入って佐多岬へ。
ここも絶景であるはずだが。。。真っ白。

道の駅 伊方きらら館で、じゃこカツとちりめん丼を食べる。
f0182606_15532351.jpg

じゃこカツも初めてだが美味かった。
ちりめん丼はいわゆるしらす丼のことで
これがかなり美味かった。この辺りでないと食べられない味だ。
オプションのサザエを付けてもらって大満足した。
f0182606_15472056.jpg

ゆっくり休憩して、同じ道を戻りR378を八幡浜方面に。
再びR197で大洲方面に走る。

大洲の商業施設で休憩を入れていると
パラパラと雨が降ってきた。

R56は本格的な雨になってきたので
取り合えず松山へと戻り宿泊先へと走る。
宿に入る前にお好み焼きを食す。
この日は睡眠もそこそこだったので
宿に着いたら即、爆睡した。

翌日、雨が乾いて黄砂で真っ白になったバイクで
道後温泉に怖々寄ってみる。
f0182606_16383838.jpg

やはり観光客でごった返していて長くは居れなかった。
しかし、念願の道後温泉をみれたので嬉しかった。
次は一泊でもしてゆっくりしたいものだ。
f0182606_16404353.jpg

これまたそそくさと、R317で今治方面に逃げる。
山岳ワインディングを流す。
やはりレーダーが満載で気をつけなければいけない道だ。
少し危なかった。。。クワバラクワバラ。。。

そして、しまなみ海道へ向かう。これまた未開の地であって
やっと行くことができる。

今治ICからしまなみ海道に入る。
f0182606_1653355.jpg

この日は少し黄砂は残っていたが快晴で気持ちよく
橋を渡って行く。
f0182606_1682514.jpg

やはりバイクが多くて、皆気持ち良さげに走っていた。

大島で降りて道の駅に行くが
観光客でパニックになっていたので逃げるように出る。
f0182606_15562845.jpg

ここは景色も良いし、七輪で海鮮バーベキューができるので有名らしいが
あまりの人の多さに閉口した。
f0182606_1559010.jpg

駐車マナーがかなり悪い。
混雑は人格を変えてしまう。

f0182606_160811.jpg

裏側にある砂浜の海岸でゆったりする。
この方が自分には向いている過ごし方だ。

大島の海岸線を走って再び橋を渡り
伯方島を越え、大三島に入る。

ICを降りてすぐにある、道の駅 今治市多々羅しまなみ公園に寄る。
ここも観光客でいっぱいだ。
f0182606_16103959.jpg

ここでヒラメ三昧を食べる。
このヒラメのにぎり寿司と唐揚げは絶品だった。
恐るべし道の駅。
f0182606_16131449.jpg

ここワンストップで観光がまかなえる。
以前はこうはいかなかった。
ただ、通り過ぎていたと思う。
f0182606_16134415.jpg

景色はまだ黄砂が残っていて良くはなかったが
地元ならではのものを味わえたのはラッキーだった。

この島にある大山祇神社へ行ってみる。
日本最古の社らしい。
樹齢2,600年の古来御神木の楠など、国宝級武具の八割を収蔵している。
f0182606_16245295.jpg

この島へは今はこうして橋が架かっているが
橋がない頃は滅多に来れない神社だったんだろうと想いを巡らす。
f0182606_16303916.jpg

とはいっても、そう簡単には訪れることはできないだろう。
f0182606_16261865.jpg


伯方の塩アイスを食べてここを後にする。


来島海峡SAで休憩を入れる。
ここでも酷いマナーがあった。
バイク置場に車が止まっていた。
しかも、かなりいい大人で、睨みつけたが平気だ。
それでなくても、バイクは置場を失っている状態なのに
これはありえない極悪マナーだった。
誘導している警備員も見て見ぬ振りだったのも圧巻だった。

せんざんぎを食べて小腹を満たしてここを出て
帰路に着く。
しかし、地場の食材をしっかり何処のSAや道の駅で網羅されていて
これらだけを回っていても、しっかりならではのモノを味わえるのは
感心した。

ここから一気に今治に戻るが
既にUターンラッシュが始まっているのか
渋滞に巻き込まれた。
数キロを脇道を流して今治北ICで降りて
R196で南下し、燃料補給をすまして
今治小松道に乗って帰路に着く。

松山道と高松道は、さほど車は少ないので
渋滞はないのかと、安堵していたのもつかの間
坂出Jctから瀬戸中央道から倉敷の早島まで30Kmの渋滞表示。

全く流れない。。。。
脇道や縫いながら永遠走る。
まるで四国脱出のような光景。

結局、播磨道Jctまでほぼ渋滞が続く。

さすがに疲労がピークに来たのと
燃料補給で龍野西SAで休憩。
ここもパニック状態。
f0182606_16333086.jpg

GSが長蛇の列を。。。
並んで給油を済まして慌てて出るが。。。
三木Jctと神戸Jctで数十キロの渋滞
とどめに中国道宝塚トンネル19Km渋滞。。。。
殆ど高速はまともに道を走れなかった。
これが高速道路、最後の1,000円恩恵なんだろう。。。

しかし、もうこんな光景は見ることがないのだろうと。。。
そんなことをぼんやり思いながら
明日の走るコースを考えていた。

ん?
[PR]
by blue_harley | 2011-05-11 16:52 | Comments(10)

ワースト・1

この日は雨予報で
カッパ着る気満々で前日は気合いを入れる。

朝は見事に晴れていて、柔らかなに暖かい陽が。
雨のかけらも感じられない。

反射的にオープンジェットとフェイスマスク。
今年初のノーカイロとグリップスワニーのグローブを手に取る。

しかし、徹夜明けの定まらない頭の中
休日水曜日。。。のそのそと出る用意して
そんな頭で行き先を、走り出して思う。

美山行ってないよな。。。。

高速を川西市方面に走り
R477に入り、亀岡へ。

途中複雑に県道も含め、右左折を繰り返すが
思いのほか覚えてる道。

京北に抜ける林道はいつもより
道が荒れていた。

フロントガラスの破片がフロントタイヤの足を掬う。
崖っぷちのギリギリをオーバーラン。。。。

ギリギリ...リアブレーキで逃れた。
これはかなり危ない状態の道だ。

慎重に山を下りて行く。

山を下りるとR162に左折し北上する。

美山の道の駅で一休み。
f0182606_18281317.jpg

美山牛乳で作ったジェラートで気持ちを落ち着かせて。。
空は少し厚めの怪しい雲が立ち込めてきた。

小浜へ向けて走り出すや否や
小さな水が落ちてくる。

名田庄の付近でその水粒が大きめに。。。

小浜へ抜ける。

いつの間にか晴れ間が顔を出し
海岸線を爽やかに流す。
f0182606_18341179.jpg

いつかの事故現場に手を合わせ
三方五湖でイカ丼にあり着く。
f0182606_18303037.jpg

いつものようにプリプリのイカで美味い。

店員さん曰く、小浜はずっと晴れていたようだ。

敦賀に向けて走り出す。
広域農道を抜け、R27〜K33で水晶浜へ。
少しまた黒い雲が。。。
f0182606_18365849.jpg

敦賀市街を抜けて、R476へ。
この道は初めて走る。

今庄のスキー場に向かう道なので
峠道で気温も下がってくる。

やはりまた水が落ちて来た。
今度はどんどん水が大きくなってくる。

水たまりが見えて来た。
気温も大きく下がる。

風も強く風水が激しく
雷が真上から叩き付けて来た。

このままR476で大野へと思ったが
この水しぶきでは、山はヤバイと
鯖江の方のR8に避難する。

結局、大雨になった。

これは山方面はさすがに危ない。
越前岬に抜け海岸線に出ることにした。
f0182606_18383444.jpg

コンビニでカッパに着替えて再スタート。

増々土砂ぶる。

前が見えない。。。

トラックやダンプの跳ね水が飛んで来て
コケそうになる。

何とか海側に出たが、やはり雨は降る続く。

オープンジェットの隙間に雨が刺さって腫れ上がりそうだ。

いつも気持ちいい、しおかぜラインが雨雲と夕暮れで
ドス黒く口を開いている。

R8に入って帰路に着く。

陽はトップリ暮れて、雨は降り続く。

敦賀を抜けて、R161に入って高島を目指す。
この道もあまり通らない道。

大津や京都間の最短ルートのせいか
トラックやダンプも多く。
跳ね水に絶えながら走る。

大きな国境の山を抜ける峠道。
気温がガタ落ちで、例のごとく指先が死ぬ。
痺れが痛みに変わり、雨が更に豪雨に。。。。
とどめに霧が。。。。
前が全く見えない。。。

これはブログ史上ワースト・1に近い。
いやワースト・1かも。。。

琵琶湖のマキノたどり着いたが
雨足や風は一向に収まらない。。。。どころか
酷くなる。

とにかく雨から逃げたいので
道の駅を横目に更に南下して行く。

湖周道路に入るが、やはり止む気配がない。

コンビニへ避難する。
指の痺れでメットすらなかなか脱げない。

iPhoneを見て位置確認を。と。。。

電源が入らない。

カッパの上着のポケットに入れてたが
ポケットが水浸し。
水没。。?

とにかく指の痺れを取るために
缶コーヒーとフライドチキンで温める。
これがなかなか取れない。

もう、写真を撮る、どころではなくなっていた。

グショグショになったグリップスワニーとフェイスマスクを着けて
ヨシッ!!気合いを入れて、結局止まない雨の中
スタートする。

ここからも全く止まない。。。

何とか名神道に乗って暫く走ると
小雨になってきた。

桂川PAで疲労困憊。。。

しかし、休憩中にまたシトシトと降ってくる。

ラーメン食ってゆっくりしたかったが
もう雨は嫌なので、降って来る前に逃げる。

で、雨は追いかけてきた。

というか。。。


大阪も大雨だった。。。

やっぱりこりゃあ。。。

ワースト・1かな?

逆に。。。

もう怖いものはない!



かも?






f0182606_1848882.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-05-01 18:50 | Comments(16)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31