帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

育ててくれた道へ

当日の早朝急激な腹痛にノタウチ回って
ほぼ眠れなくて、出る時間が10時半すぎぐらいになってしまう。

前回のツーリングでついに革パンが壊れてしまってさすがに
これもテンション下がってた。
しかもこの日は妙に冷え込んでいて
更にテンションが下がってのスタート。
しかしながら、新しい相棒となるチャップスを身に纏って
何とか相殺されての気分で走る。

このところ妙に身の回りの物が壊れて行く。
ウォレットやウォレットホルダーも壊れた。

とにかく、朝飯のオニギリを胃袋に流し込み走り出す。
和歌山方面に高速を流す。
海南東ICまでノンストップでたどり着いて
海沿いを行くか、山を行くか
天気もいいし山を行く。

R370を西へ行って、県道に入って
R424を龍神方面へ、いつもと逆に走る。

R424は相変わらず楽しい道で
狭小路は確実にスピードを落とし
対向車に気を使い走る。
殆どすれ違う車はなかったが
対向する道幅がギリギリのところがあるので
コーナーは慎重に走らなければならない。

カフェ BAG DADに寄ってカレーとコーヒーのランチセットを食する。
「いつも雪が降ったり寒い時に来ますね」
とマスターに笑われた。
ここでマスターとゆったり話をしたりして。。。
こんな時を過ごすのが心地いい。
f0182606_1918762.jpg

熊野本宮に向かい出る。
椿山ダムを抜け、K29〜K198へ。
K198も好きな道であって、気持ちよく快晴の中走る。

R311に入って、いつもよりガラっと空いた道を走る。
なぜかこの日は車が少ない。
一番快調なペースで、あっという間に熊野本宮大社に着く。
f0182606_192011.jpg

大社に手を合わせ、缶コーヒーを飲んで
吉野方面へR168を南下しR169に向かう。
この北山に抜けるR169が結構な曲者で、かなりの狭小路箇所もある。
しかしこの道は自分が高校生の頃の庭であったし
当時に比べて、まだ道は修復されていて
走り安くなっている。

ともしていると
通行止めの看板と、警備会社の制服の姿が....

5時まで通行止め。。。

でもあと9分。。。

「もう行っちゃダメです?」

「ダメ!」

ついでに休憩して、警備会社のオジサンと世間話。
これはこれで結構楽しかった。
f0182606_1926137.jpg

北山を抜け、奈良県下北山村へ。
久々に走った懐かしい道。

タイトなコーナーから、豪快なコーナーまで。
池原ダムサイトの良道タイトコーナー。

この道で自分は育った。

当時のようにはまだ走れないが
再び帰って来て、育ててもらっている。
f0182606_19321514.jpg

いつの間にか、そんな気持ちになって走っていた。

気温は恐らく3℃ぐらいに落ちて
指先は真冬の痺れになる。
f0182606_19352257.jpg

吉野に着いてコンビニで休憩して
帰路に着く。

R309で富田林に抜け
下道でゆったり帰って来た。

遅く出た割には、結構いいペースで
いい距離を走れた。

シーサイドロードが好きであるが
やっぱり基本的に山道が好きなのかもしれない。

もう気温も上がって来る季節なので
山道にもっと出たいと思う。

f0182606_1927212.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-04-21 19:41 | Comments(9)

旅は道連れ

このところは晴れ間に見放されることのなく
この日も快晴の遅い出だしで、スルリと出る。

なんとなくR303を目指す。
大阪は既に渋滞も始まって
それから逃げるように阪神高速で北に上る。

守口でR1で更に上がる。

ここからは立木観音へ行くのと同じルートを走る。
R307〜K62〜天ケ瀬ダムサイト道R3を石山を抜け
さざなみ街道を北上する。

陽気に誘われて、ペースもさわやかに進む。

以前一緒した方から、合流の打診を受ける。
方向は同じなようなので、上手く行けば合流して。。。と

以前走ったR307を走って、R417で冠峠と思ったが
湖北で気温は急降下して来たので
冠峠は危険な香りがしたのでルート変更。

海が見たくなったので、そのままR8で北上し
しおかぜラインを目指した。

天気は崩れるどころか、どんどん晴れ渡る。

あっという間にしおかぜラインの入り口へ。

コンビニで休憩するが、革パンにトラブルが。。。
チャックが壊れる。。。。笑ってしまうが、笑えない。。
f0182606_381836.jpg

コンビニの店員さんに安全ピンを貰って取り合えず凌いだ。
その節は助かりました。ありがとう。

しおかぜラインで海を眺めながら合流待ち。
眩しい程の海に気持ちが洗われる。
f0182606_3114010.jpg

久々に合流して、盛り上がって一緒にコースを決め、出る。

f0182606_333428.jpg


R365を右折し〜R417を鯖江〜大野に適当に方向感覚で抜ける。
R158で九頭竜を目指してツルんで走る。
山肌に残雪が多く見える。気温もどんどん下がって
ほぼ真冬の気温に帰って来た。
f0182606_304149.jpg

しかしながら、お互いのペースはよく似ているので
いいリズムであっという間に九頭竜の道の駅に着く。
f0182606_2413957.jpg

ここでも談笑盛り上がって、時は陽が落ちるところに。。。

すっかり陽も気温も落ちたR158の真黒なワインディングを二台が抜けて行く。
こんな状態なので、ペースはイマイチだが
あっという間に白鳥へ。

ここからは東海北陸道で南下する。

美濃関Jctで左手を高く上げて分かれて行く。
こうした道連れも心温まり、いいものだ。

気温が大きく落ちたせいで、私の指先は既に限界が。。。

関SAのきしめんで温めて再スタート。
結構血が行き渡るまで時間がかかるので
このタイムロスはいつも大きい。
f0182606_2464432.jpg

いつもなら名神で西に向かうが
名阪で帰ろうと左にウインカーを出す。

ここからどういったか、名古屋高速環状を長く走ったように思う。
多分大きく遠回りをしてしまって、伊勢湾岸道に出てしまった。
ひたすら西に向かうが距離が長い。

やっと四日市Jctで東名阪へ。
亀山SAで休憩して名阪国道で帰路に着く。

やはり夜の高速は長く感じる。
しかし西に向かえば向かうほど気温は上がって
大阪はかなり温かくてホッとした。

岐阜方面に走ると、いつも帰りはこのような大味な
ルートになるので、ここは次こそは充実ルートで
帰ってきたいと思う。

距離も大味になってしまい、フロントタイヤの溝が少なくなってしまった。


またあの、せせらぎ街道の季節がやってくる。
あの新緑の道をまた走りたい。

そんなことを妄想しながら
この真暗な高速を淡々と走っていた。

f0182606_257381.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-04-18 03:17 | Comments(2)

迷瞑走

この水曜の日は、春の陽気を迎えて

さて、
だから、より陽気な方面のお気に入りに走るか
だからこそ、冬に走れなかった山道のお気に入りに。。。。

淡路島へたこフェリーで。。。
極楽道を。。。と
たこフェリーの再開は4月からだったが夏以降に延期になっていた。

しかし、阪神高速環状線を走りながら迷う。

とにかく、
西へ向かう。

晴れ渡っている湾岸線を西へ。
神戸で降りてR2でまた西へ。

明石付近でまだ迷っている。

やはり、Mぎみの私は左ウインカーを点けることなく
そのまま西へ走る。
f0182606_1555350.jpg

R175で北上しR427を経て
お気に入りのR429へ向かう。

昼尚暗い、2車線の良道からいきなり
極狭の国道。普通車〜大型車困難道へ。

真冬を越したせいか、道は以前より荒れていて
砂利や石や塩カリ粉が満載だった。

フロントタイヤをずるずる持って行かれながら
慎重に走る。

ディープな森は穏やかな木漏れ日を注いでくれる。
気温は一気に下る。
f0182606_15595790.jpg

私の危弱な指先が悲鳴を上げ出す。

青垣峠を一気に駆け上がり、気温も更に駆け下がる。
黒川渓谷へ降りて行く
まさに二輪のためにあるワインディングと
杉木立と小川のせせらぎの中を
縫うように漂う狭路を流して行く。

この空気が好きだ。

やはりこの道は飽きない。

ちらほら道端や山肌や
小川に白い物が見えてくる。
f0182606_1633933.jpg

残雪がこちらを睨んで
スピードを押さえにかかってくれている。

生野銀山湖で落とし物に気付いて
また青垣峠の頂上まで戻る。
f0182606_1604993.jpg

普通疲れるものだが
逆にいっぱい走れて楽しく思う自分が可笑しい。

生野でR312で北上して
朝来で再びR429に戻って更に西に。

ここもアップダウンや狭小路と広良路を繰り返す
面白い道である。
f0182606_16381835.jpg

しかし、どんどん残雪が増え
塩カリ粉も気を抜くと足下を掬いにくる。
f0182606_1775951.jpg


そして、気温も更に下がる。

オープンジェットの顔は引き千切れるように痛い。
f0182606_16131155.jpg

高野峠を一気に降りて
波賀でR29に右折して戸倉峠、鳥取に向かう。
気温も一段落して、ほんわか走ってるのもつかの間。

戸倉で一気に気温が落ちる。

残雪。。。。
f0182606_166818.jpg

ほぼ真冬の気温に震えながら
峠から逃げるように降りる。

鳥取は穏やかに迎えてくれて
砂丘は夕暮れ前の日差しの中で過ごさせてもくれた。

f0182606_16334275.jpg

ただ、まだ飯食ってなく。。。
レストランが閉まっていた。
したかたなく、梨ソフトクリームでごまかして
帰路に着く。
f0182606_1754371.jpg

R178で豊岡に抜け、K2で南下し
R312〜R9で和田山へ。

気温がまた一気に下がって来て
マクドナルドに避難して
初めての食事を終え

福知山から舞鶴若狭道〜中国道〜阪神高速で
一気に帰って来た。

迷いに瞑った道だったが
程よい距離で、心地よい疲れになってくれた。

しかし。。。
いつになったら暖かい道を走れるのだろうと思った。

きっと次に行く道はさすがに暖かいはず。。?



f0182606_16354218.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-04-10 16:44 | Comments(2)

選択ミス

f0182606_2573933.jpg

相変わらずの行き先を決めず出る。
もう9時も過ぎた大阪は既にあちこちで渋滞発生。
そこからとにかく逃げるように
阪神高速に飛びのって、東へ向かう。
何となく伊勢の方へと。

久々のやまなみロード〜K28へ。

f0182606_3364328.jpg


石がゴロゴロとハーフウエットの路面と
4℃の気温と小雨が出迎えてくれた。

R166の峠を一気に道の駅まで走る。

f0182606_3384660.jpg


既に気温も上がりゆったり伊勢に向かう。

小雨がぱらつくパールロードをコーナーはフルバンクさせず
安全マージンを取って駆け抜け
晴天のマザーロードカフェに着く。
f0182606_3591262.jpg

久々の私を笑顔で迎えてくれた。
f0182606_343993.jpg

腹ごしらえとコーヒーで体と心を温めて
R260に向かいK17を走り出す。
f0182606_3453310.jpg

久々のこの道はやはり楽しかった。

紀伊長島の道の駅にノンストップで着く。
f0182606_3504031.jpg

すっかり陽が落ちてるのに関わらず
ここで串本を経由で帰還するコース選択。

これがミス。紀伊道と伊勢道で北上して帰るべきだった。
走り出してから後悔した。

道のりは長く、真っ暗なR42をひたすら走る。
しかし後悔しながら、楽しくって仕方なかった。

紀伊田辺のコンビニに着いたのは
とっぷり9時を回っていた。

f0182606_42026.jpg


気温もかなり落ちて冬の気温。

コンビニおでんに肉まんを頬張り
阪和道を一気に戻る。

オープンジェットを選択したのを後悔しながら
でも、どこかで楽しんでる自分と
阪神高速になだれ込み一気に帰還。

ガッツリ走る気はなかったが
気が付いたらロングなので、疲れはかなり来た。

しかし、スッキリした何かが
心地良い疲れと浄化されて行くのが分った。

その時、改めて。。。
自分はつくづくバイク乗りなんだなと。。。

ボブは何もなかったようにいつもの場所に居る。

疲労困憊している自分を
タフなボブは笑っているように見えた。

f0182606_354415.jpg

[PR]
by blue_harley | 2011-04-02 03:56 | Comments(6)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30