帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アクセルダコ

急激に気温が下がったり
また、暖かくなったりで
予測しにくい気象状況のなか
見事に雨予報。
しかも・・・・朝から雨の予測。。。。

雨の早朝に出るのは。。。
さすがにやめようと、目覚ましを止めながら思う。。。。
しかし?革パンツを履いて革ジャンに袖を通した。

冬仕様を整えて外に出ると
ガッツリ雨の早朝があった。

シャッターを上げて乾いたボブを雨の中に出し
濡れたボブに跨ってエンジンを掛ける。
f0182606_1725164.jpg

午前中に雨は上がる予報なので
カッパは着ていない。

行き先は東へ。とだけで走る。

今日も高速は乗らない。
下道で走る。

いつもの中央大通を東に走る。
雨は容赦なく降る続ける。
止む気配は一向に感じられない。

革に雨がどんどん染みこんでゆく。

気温も峠に差し掛かったせいか
時系列に落ちていってるようで
寒さが増幅してくる。

R308~R309で峠を越える。
時間的には雨が上がるはずだが・・・・
雨足が強くなる。

朝飯と雨宿りのコンビニへピットイン。
f0182606_1726974.jpg

ここのファミマはイートインが充実していて
しっかりカップうどんなどで暖を取る。
そうしていたら雨が上がってきたので出る。

取り合えず伊勢を目指し、吉野のR169に抜け
R370~K16からいつものR166に入ってひた走る。

高見峠は雨上がりで、ヘビーレインだ。
少しリアを振りつつ峠を越える。

飯高の道の駅で太陽が顔を出してきて
少し気温が上がってくる気配。
f0182606_17264263.jpg

しかし・・・・かなり冷え込んでいる。

ホットケーキの缶ドリンクを飲むが
咽が痛いぐらい甘かった。

R368に右折しR42~K13へ。
K22だか・・・よく覚えてはないが
左折しR23に入って直ぐR42で二見~鳥羽へ。
気が付いたら晴間が空に満ちてきていた。

ガソリンを補給してパールロードに走る。

バッフルを入れてからは、初めてのパールロード。
ハーフウエットであるが、ペースを上げる。

立ち上がり重視の走り方に変わっている自分に気付く。
やはり低速トルクがあると、バンク角の安全マージンを保てる。
ステップの擦る量が少なくなったように思う。

でも、以前よりかなりペースが上がってきている。

パールロードの途中初めての寄り道。
鳥羽展望台に立ち寄る。

展望台にカメラ台があったので
久々に記念撮影をしたが、やはり景色と合わくガラ悪い。
f0182606_1728282.jpg

今流行のご当地バーガーで
伊勢海老バーガー(トバーガー)が気のなったので
600円で食べてみたが、チッチャかった。
f0182606_1729213.jpg

途中これも初めてでK16に右折して磯部へ向う。
そのままK16を五ヶ所へショートカットする。
この道も快走路で走りやすい。

R260をひた走る。

やはりペースはハイペース。
所々ハーフウエットなので神経を研ぎ澄まして走る。
それでも以前よりハイペースを保つ。
ただ濡れた路面だとトルクオーバーでスリップダウンするので
ジワジワと開けなければならない。
右手首が疲れてくる。

紀伊長島の道の駅で休憩し
昼飯をちゃんと食べてなかったので
野菜カレーを食して再び出る。

尾鷲のGSでR425の道を聞いたが
行かない方がいいと止められたので
めずらしく素直にしたがって
R42を熊野まで南下し、R309で山中北上していく。
R169を吉野に舞い戻る。
殆ど交通量がないので、所々濡れた路面に
アクセルを調整しながら走る。

陽はトップリ暮れて、気温も落ちてくる。

途中道の駅でトイレ休憩をと。。。
もう真っ暗で営業していなかったので
我慢しつつ吉野まで走りきる。

コンビニでトイレと暖を取って帰路に着く。
f0182606_17305759.jpg

大淀でR169~R309に左折し
高速はやはり使わずR308に入って
中央大通りで帰還。

右手首が疲れてだるい。
よく右手を見てみたらタコができていた。

アクセルダコ?
f0182606_17312411.jpg

バイク乗ってきて久々にできた。

400Km程度でこれはないので
低速トルクアップでのドライ&ウエット路面の交互の立ち上がりは
アクセルコントロールが微妙だったので
アクセルグリップにかなり力が入ったのだろうと思う。

だからペースがかなり上がってきていて
ブレーキングもタイミングが遅くなりがちだ。
特にドライだとペースを上げすぎる。
少し抑えて走る意識がいると思う。

次はゆっくり走ろう。。。。



思う。。。。?



f0182606_17342676.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-12-27 17:35 | Comments(12)

通行禁止道?

季節も移り変わってきて
12月の二週目の8日になってきて
走る範囲や道も限られてきて
ワンパターンになりがちではあるが
同じ道を走っても、走っている本人が走り方を変えてるので
ブログを見ていられている方は申し訳ないが
当人は楽しいのである。

クネクネ下道を走りたく
この日は出た。

暫らく行ってない高野龍神スカイラインを走ろうと。
いつもなら阪神高速~阪和道で橋本方面を経由して
山に向うのだが下道で行く。

中央大通を東へ走って
R308・479を右折しR309で松原を抜け
富田林~千早赤阪の水越峠を越えて
奈良に抜ける。
K30に右折しR24を橋本に向う。

橋本市街を流し、コンビニで朝飯休憩をしてから
久々にR370の九度山経由で山に入る。

出る時間からそうだったが天気は曇天。
山に入るなり雨滴がバイザーに叩きつける。

路面はヘビーウエットでクネクネ道だが楽しくない。
ウエット路面だとトルクの太ったボブはアクセルコントロールがデリケートである。
微妙なアクセルで霧と雨の中を高野山頂上に駆け上がろうともがく。

少しでも早めにスロットルを空けるとリアがスライドする。
じわじわと空けるのに妙に手首に力が入って疲れる。

途中から雨は少し収まってきたが
霧が濃くなって行き手を阻む。

いつもは寄らない売店で休憩をし山頂に辿り着いた。
f0182606_20555715.jpg

金剛峰寺にポツンと一人で安全祈願。
この大きなお寺の金堂に一人はいつ来ても空気に迫力がある。
毘沙門天で足をすくませながら手を合わせる。
f0182606_2105237.jpg



何となく走ってはいけない?いけなかった?
終日通行止めのような気がしつつ龍神スカイラインへ向う。

表示はないようなので雨のスカイラインをひた走る。
気温も流石に急降下してくる。
しかし、凍結はまだない。
が、多分1~3℃ぐらいだろうと
グローブの中の指先が叫んでいた。

ヒーターグリップが無かったら
既に降参かもである。

途中から霧がクリーム色に見えるほどになって
行く手を遮ってきた。
50メートルぐらいだろうか
先が見えない。
殆ど走行している車両はないが
偶にすれ違うとビクッとする。

護摩山タワーで停まろうとしたが
タワーも駐車場も見えないぐらいだったので
通り過ぎかけるぐらいだった。
f0182606_2051219.jpg

駐車場は一台も車両は無く
ポツンと一人と一台。

自販機前で缶コーヒーを飲んでいたら
偶に車が寄ってくるが
3分と停まっていなく
霧だけがボブと私に纏わり付いて来る。

軽を乗った方が声を少し掛けて来たが
訳の分からないことを言われていたので
なんとも霧の中奇妙な雰囲気になった。

手の痺れも取れてきたので
霧から逃げるようにスカイラインを降りていく
下りは更に厳しくフロントの踏ん張りが仇になって
余計な力が入ってしまう。

ジワジワと霧というより雲を抜けたように
曇りは無くなっていきなり晴間に歓迎を受けて
ハーフドライワインディングを飛ぶ。

ところどころ路面は濡れているので
慎重にハイペースを保つ。

ここから先は考えてなかったが
R425に入って気が付いたら
K29~K198へ。

R311を熊野方面へ向う。
中辺路を抜けて
吸い込まれるように。。。

熊野本宮大社に着く。

f0182606_2049479.jpg

祈願して手を合わす。

いつものカフェへと思ったが
大社の入口の近くの
和歌山ラーメンののぼりと
温泉コーヒーに釣られて店に入る。

南高梅が入ったラーメンが結構イケたし
温泉コーヒーは近くの湯の峰温泉のお湯を使っていて
独特の風味だが体の中から温めてくれるような感じがして
意外と美味かった。
f0182606_2054899.jpg

さて。。。。?
ここから考えてなかったが。。。
直ぐ走り出す。

そう言えばボブでR168を奈良五条方面に走ったことがなかった。
この道は奈良の十津川村を抜けていく道。
いいクネクネ道だ。
私が高校生の頃の愛道である。

途中有名な谷瀬の吊り橋があるが
数え切れないほど前を通っていたが
一度も渡ったことがなかったので
立ち寄ろうと試みたが・・・
雨が落ちてきつつあったので
一気に逃げた。

大塔村を抜けて五条に入って
R310で河内長野に向う。

このR310も険しい国道。
しかし、舗装林道であるので楽しい。
雨を交わしながらクネクネと楽しむ。

河内長野に抜けR170で大阪に向う。

かなり今日は早めに帰ってきた。
空がまだ明るい。

時間もあるし小腹が空いたので
マクドでテキサスバーガーをゆっくりして

R309に戻っていつもより3時間早く帰還できた。

おかげで買って帰ってきた南高梅で一杯行けてた。

終始ハーフウエットのクネクネ道で
右手首は少し疲れたが
偶にはこんな全く高速を使わずの
400Kmの余裕な走りもいい。

しかし・・・・あそこの道は来年4月まで
終日通行禁止になっていた。。。。
通行禁止の道は走ってはいけないことを
反省した走りでもあった。

ごめんなさい。。。。

f0182606_2121124.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-12-20 21:02 | Comments(6)

ギリギリの秋

大味に高速で弾丸ツーリングも楽しんだし
打って変わってノンビリ下道で走ろうと
11月の最終日の曇天の中、少し遅めの6時に走り出す。

そうは言っても。。。。
どこへ行こう??
出発間際に。。。「寺参り」?
お払いしてなかったことを思い出した。。。そう言えば。。。

いつもなら阪神高速に飛び乗って
大阪を直ぐ後にするが
この日は中央大通を東へ。
R1を京都方面へ走る。

いきなり車やトラックが多い。
早朝なのに既に、皆に揉まれる。

逃げるように枚方でR307に右折し
ここで立木観音へ行くことを思いついた。

しかし。。。この出で立ちで山を登れるのか。。。
かなりの山岳寺なので、体力にはある程度の自信はあっても
多分身に着けている革の総重量は10Kgを超えていると思う。

R307を城陽市に入ったが曇りのせいか気温が上がってこない。
コンビニで朝飯休憩。
ジューシー肉マンとビックアメリカンドック。
そして微糖のホット缶コーヒー。
チープな朝飯だが、私らしいな。。。と、呟く。

コンビニを出て宇治田原に差し掛かったが
全く気温が上がらない。
どころか山中に入ったので下がってきた。

K62を天ヶ瀬に北上していく。
どんどん気温は下がっていく。
多分2℃ぐらいだろうか?

K3に突き当たって左、そこにある瀬田川は
白い靄が上がってきていた。

その中のワインディングをいいペースで走る。
この道は日中は交通量が多めだが
朝は殆ど車を見ない。

トルクを増したエンジンと足回りは
路面さえスリッピーでなければ
かなり素早くスムーズにコーナーを抜けていくことができる。

以前のようなストレスがないので、寒いが(笑)心地いい。
しかし、このトルクだと路面がウエットだったりスリッピーだと
アクセルワークに気を使うかもしれない。
下からのツキがいいのでアクセルスリップしそうだ。

靄は濃くなって霧になる。
霧が濃くなって、前が見えなくなって。。。

立木観音の標識が薄っすら見えてきた。
f0182606_16183654.jpg

手首を折った直後のリハビリツー以来だ。

ふと登り口に目をやると
背中が丸く小さなお婆さんが山に登ろうとされていた。

お婆さん大変だろうに。こんな山登りは。。。
と思いながら、先に階段を登っていく。

とはいいながら、自分もこんな格好で
どこまで登れるんだろう。。。お婆さんに抜かれるんじゃ?
f0182606_16214730.jpg

さすがにキツい。
過有酸素運動を余儀なくされた。
f0182606_16192783.jpg

十段ずつしか登れない。
汗が滴り落ちてくる。
足が攣りそう。
f0182606_16203120.jpg

しかし降りようとは一切思わない。。。不思議だ。

お婆さん?登ってこない。。。やはりお婆さんには勝った?(笑)

何分かかったか?お寺に登り着いた。
f0182606_16242681.jpg

まだ朝が早いので、お寺の方が誰もいない。
警備員の方と朝の挨拶をしてお参りする。

交通安全
無病息災
etc・・・・
f0182606_16254915.jpg

いつもの柚子湯をいただいて休憩所暫らく眺める。
ここからの眺めが私は好きだ。

警備員さんに挨拶をして山を降りる。

。。。。?
そう。。。おばあさんは?まだ?

そう思いながら降りていく。
一向に合わない。

合うのはお寺の巫女さんと思われる方や
トレーニングに来られてる方。
お参りに来られてる。。。。

下まで降りたが結局合わなかった。。。

お婆さんは。。。?どこへ?

モヤモヤしつつも立木観音を後にする。

北に上がって琵琶湖を走るか。。。?

そう言えば、百済寺や金剛輪寺。。。って
satさんのブログで見たなあ。。。と。

R422近江グリーンロードを信楽に走る。

益々気温が下がってきた。

途中、0℃??山中霜で真っ白tだった。
手は痺れのピークを迎えたが
我慢して日野まで走って逃れた。

日野のグリーンロードは無料化されていた。
確かここで有料の意味がない道だと呟いたのを覚えている。

給油を済まして、そのままR307を北上し
道の駅 東近江市あいとうマーガレットステーションを左に見ながら
百済寺(ひゃくさいじ)へ向う。

こんなド平日なのに観光客が多い。
ダートの駐車場に停める。
f0182606_16271375.jpg

この古刹は日本紅葉百選らしい。
f0182606_1628687.jpg

殆ど散り際や散っている様な・・・
ギリギリ紅葉が踏ん張ってくれていた様な。。。。
f0182606_16292738.jpg

溜息が出る散り際の紅葉もいい景観ではある。

参拝や紅葉見をしてゆっくり過ごす。
f0182606_16321792.jpg

R307に戻って、金剛輪寺に向う。

あれよという間に金剛輪寺に着く。
f0182606_16335315.jpg

ここも観光バスなど多く、賑わっていた。
やはり紅葉最後の観光シーズンなんだろう。
f0182606_16345960.jpg

参道に地蔵が両サイドに並び、独特の景観である。
暫らく参道を上がっていく。
f0182606_16364016.jpg

この古刹も紅葉が素晴らしく
千体地蔵や国宝の本堂など、名勝庭園なんかが見所だ。
f0182606_1640288.jpg

f0182606_16413378.jpg

f0182606_1647464.jpg

金剛輪寺を後にする。

昼食を食べるに、シャーレ水ヶ浜に向う。
satさんが美味そうにトーストを食べていた画を思い出した。
広域農道を適当にさざなみ街道へ向い
K25を少し南に戻る。

久々のシャーレ。
f0182606_165099.jpg

結構お客でいっぱいだ。

しかし偶々特等席に座ることができた。
シナモントーストとホットコーヒーを
曇った空と鴨が戯れる水ヶ浜を眺めながらゆるりとしてみた。
f0182606_1651258.jpg

いつもひたすら走っているが、偶にはこんなのもいいと思う。
f0182606_16524396.jpg

さてと、走り出す。

さざなみ街道に戻って、湖面を左手に琵琶湖を回る。
R8を少しだけ敦賀へ走って
K286大浦街道のワインディングをトルキーになった
敏速になった足回りのボブを楽しむ。

R303に入って右折しR161へ。
帰路に着く。

マキノからガラガラの湖周道路を流す。
高島でR161に入って、志賀ICからバイパスに乗る。

やはり名神手前の西大津バイパスで渋滞。
すり抜けで逃れながら名神に乗る。
下道で帰りたかったが、渋滞を見てしまったのと
時間切れが近づいたのもあって
行儀良く高速に乗った。

(笑)

桂川PAで夕方の昼飯を食う。
いつもの桂川ラーメン。
結構空き腹に応えた。
f0182606_16532666.jpg


吹田JCTで近畿道に乗って
昔ながらのコースで帰ってきた。

余裕ではあったが、結局帰ってきたのは
8時を回っていた。

しかし400Kmと控えめな距離で
マッタリゆったりでお参りも果たせた。。。
だから心地良く走れたんだと思う。

陽も冬時間だし
偶にはこんな走り方もいい。

と、いうか

ボブを乗り始めた頃に戻ったような走りだったような。。。

そして、滑り込みセーフで秋を味わえたような。。。

次はガッツリ距離じゃなく
走りを楽しむ走りがしたくなった。

あくまでも。。。

安全に。。。ね?
[PR]
by blue_harley | 2010-12-12 16:53 | Comments(8)

龍馬でん

f0182606_18222012.jpg

バッフルを変えた翌日
テストもせずに早朝のスタートを切る。

いつもと何も変わらなく、少し離れた場所まで
ボブに跨って坂を下りて行って
エンジンに火を入れる。

ドンッ、ドドドッ

いつもより低域が腹に響く。

ん?

車体が軽く感じる。
腰が軽いというか。。。
EFIエンリッチナーを入れた時や
パワーコマンダーを入れた時のような
特に低回転域のトルクが変化した。

このBic Ciy TunderのQQ Thunder Monsterは
パワー&トルクも改善されるとDyno Testのデータも乗っけて
サイトでも書かれていた。

中央大通りに出る赤信号で
信号暖機をする。

青信号で阪神高速になだれ込む。
やはりクラッチをつなぐエンジン回転タイミングが低くなっている。
スタートがスムーズで速いし、楽だ。

阪神高速の高速コーナーもギヤが一段高くで走れて
フロントサスの安定度も加わって、以前とは全く違う動きをする。

これだと。。。飛ばしたくなるというより、エンジンも足回りも
このまま遠くに行きたくなる。。。。バイクに。ボブになった。
これにウインドシールドや着けたり、リヤサスを変えると
かなりそれがもっと濃くなるだろう!?

いや・・・このままでも十分濃い。
遠くに行きたくなった。

阪神高速を降りて燃料を補給し
引き込まれるように中国道へ。

中国道を山陽道に向い走る。
まだ薄暗い高速をエンジンフィールを確かめながら走る。

低回転だけが盛り上がったセッティングではなかった。
中回転域から高回転域のパンチは落ちていない。
その速度領域でもアクセルのツキがいい。
以前だと140の領域だと足回りも安定していないし
アクセルのツキもタイムラグが目立ったが
全くそれらを感じなくなって
風圧を除いて快適な高速ランになったように思う。

そんなことを感じながら走っていたら。。。
あっという間に、あれよという間に姫路の白鳥PAに着く。
f0182606_17113676.jpg

ここで朝飯とトイレを済まし、行き先を決める。

ここまで来たら、四国を思う。
龍馬を見に行こうと決めた。
ドラマは見てないけど。。。。(笑)

気温は中々上がってこないので
体は冷え込んできているので、温かいきつねうどんと
いつものコーヒールンバのかかる販売機のホットコーヒーを飲んで
体を温め再度スタートを切る。

やはりボブは快調に走ってくれるので
このまま瀬戸大橋を渡っていこうと思ったが
まだ気温が上がらないせいか
トイレが近くなってくる。

吉備SAでトイレとGS補給。

倉敷JCTで瀬戸中央道へ向い
瀬戸大橋をノンビリ走る。

そして、四国に上陸。。。。

坂出JCTで。。。高松道に入り
高知道。。。。
まだ未開の道だ。
高知目指して高松道を西へ走る。

確か晴れの予報と見ていたが。。。
空は雲が厚く空が低く風が重い。。。
気温もまだ上がって来ない。どころか下がってきているかのように。。。。

観音寺市を過ぎたあたりだったろうか
「高知道 雨注意」
の表示が目に入る。

うそっ?

川之江JCTで徳島道 高知道方面に入る。

空は真っ黒な分厚い雲が犇めき合っていた。

高知道に入ると、その雲らが水を零してくるかのよな
雨粒がヘルメットに、バイザーに叩きつける。

この日はアライを被ってきたから助かった。
ハイペースなボブにこれも手伝ってか快適に進めた。

高知道は地図で見てもトンネルが多くて
雨であっても傘を着てるかのごとくに走る。
しかし雨粒が氷粒に変わるほどの気温に落ちてきた。
雨脚もボブに負けずに速足になってくる。

冬グローブの指先が限界に達してきた。

刈屋トンネルを潜って出ると雨脚は更に強くり風は更に冷たくなる。
立川PAに非難する。。。
f0182606_18144335.jpg

この立川PAは他の近代的なというか、味気ないというか
PAと違い趣があって温かい雰囲気が漂っているPAで
雨上がりを待って、暖をシッカリとって。。。という気になった。。。
暫しゆーっくりと休憩と雨宿り。。。。
f0182606_18183591.jpg

どれぐらい雨宿りをしたろうか。。。
こんなに長いPAでの休憩は初めてかもしれない。

雨もスッカリ上がって、空は黒から灰に変わって
明るくなってきた。

更に高知道を南下する。

どのトンネルを出たところだったろうか
いきなり青空が顔を出す。
日差しが眩しく、気温が一気に上がる。

笹ヶ峰などの峰々たちが雲に包まれているのがバックミラーに写った。

高知ICで降りて、桂浜の標識のままにK44で海へ向う。
K376に入ってK14に突き当たり
太平洋を左に走る。
コンビニで小休止し。。。

桂浜に着く。
f0182606_18211025.jpg

太平洋が眩しい。

観光客が多くて、慣れてない自分は圧倒される。
今日はそういえば・・・祝日だったっけ。。。

今はNHKの龍馬伝でこの地はブームのようで
輪をかけて人が多い。。。。

龍馬像に初対面。

なぜか初めて会う気がしなかった。。。
よくメディアで見ているからだろうか。。。
ちょっとだけ不思議な気持ちで
像に隣接されている、龍馬の近くにいける建物に並んで
龍馬を横から見る。
f0182606_182089.jpg

太平洋の向こうをこうしてずっと見て
地球の果ての道を行きたい

って感じているんだろうか。。。
と何気に思った。

f0182606_18251144.jpg

風は強くて冷たくて、さすがにアイスクリンは食べる気はしなかったが
桂浜に出て眩い日差しで暫らくたたずみ
龍馬の見つめる先を、私も時を忘れて見ていた。
f0182606_18241621.jpg

どれぐらい経っただろうか
桂浜をゆっくり後にする。

太平洋に面した桂浜花街道を流し
高知市街をあちらこちら迷いながら流す。

高知城に立ち寄ろうと思ったが
ここで時間切れ。

燃料補給を済ませて高知ICから帰路に着く。

そう言えばせっかく高知に着たのに
カツオのたたきを食してないことに気付く。

しかしもう遅い。。。

南国SAに立ち寄り、それらしい物がないかを物色する。

カツオのたたき丼を食する。
f0182606_18255368.jpg

ニンニクが強烈に入っていてカツオは微妙だったが
取り急ぎカツオのたたきは果たせた(笑)

やはり、休日だからバイクが多くて華やかでいい。
いつもはポツンってひとりだから
偶にはこんな空気のPAも嬉しい。
f0182606_18312176.jpg

馬立PAで小休して本格的に高松道で帰還して行く。

高松道は相変わらず暗い道だ。
四国の高速は明かりが少ない。
前後に車がいないと真っ暗で結構怖い。

そして高松東を過ぎた途中から対向車線になって
ペースものらりくらりになって追い越せないことを忘れていた。
眠気と戦いながらノンストップで高松道を走りきる。

前回走った時は強風であった大鳴門橋に差し掛かる。
この日も眠気も吹っ飛ぶ強風。。。。
ボブが酷く流される。
扱いやすくなった足回りと、トルクで前回よりは楽に乗り切れ
淡路島南SAに逃げ込めた。
しかし。。。。ここのこの風は初心者のライダーは危険かもしれない。

気温もかなりまた下がってきたので
感覚がなくなった指先をコーヒーで温めてSAを出る。

ハイペースで神戸淡路鳴門道を抜け
淡路SAで燃料を補給し明石橋を渡り
第二神明~阪神高速で大阪を目指す。

異常な事故渋滞に巻き込まれて、疲れにとどめをさされつつ
無事帰還。

龍馬に”でん”してきたような弾丸ツーリングになったが
グレードアップしたボブに満足できる750kmの走りだった。

もう高速はお腹いっぱいになった感があるので
次はノンビリ道が走りたくなったようだ。。。
[PR]
by blue_harley | 2010-12-05 18:30 | Comments(10)

SOUND TUNING

f0182606_16361171.jpg

もう11月も終わり、12月になるが
11月の末前に今着けているマフラーのバッフル交換をした。
サウンドキャラ自体は気に入っていたが
低回転時のツキがイマイチで
サウンドもハイレンジが強いので
もう少しミッドレンジにシフトしてやりたかった。

以前からmosさんに勧めてもらっていた
バッフルを入れてみることにした。

f0182606_17193657.jpg

Big City Thunder
QQ Thander Monster Baffle

作業は単純に今のVANCE&HINES のストックバッフルを取り出し
入れ替えるだけであるが・・・・・・
バッフルはネジ一本で固定してあるので
それを・・・
f0182606_16513976.jpg

ヒートガードを取り外しに一苦労した。
固定ベルトの取り外しが、かなり面倒臭い。
変に時間がかかり疲れてしまった。

しかしストックバッフルは筒抜けな仕様で驚いた。
これだとほぼ直管である。
f0182606_16432421.jpg

高回転でパンチは出るが低速は厳しいのは当たり前だと思う。
カンカンと鳴るのも納得できた。
f0182606_16442289.jpg


使用前後を動画で撮って冷静に聞き比べてみたが
極端に静音でもなく音質が変化したわけではなく
思った雰囲気にはなった。。。ちょっとミッドローなサウンド。。。

後は走行フィールなど。。。

翌日のツーリングのインプレを。。。。
[PR]
by blue_harley | 2010-12-04 16:59 | Comments(4)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31