帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ノンビリツーリング?・・・後編

ここのコンビ二は中で飲食できるので
コーヒーを飲んで座ってできるので
ゆっくり走る道を選ぶことができる。。

あまり走ってない道を走ろう。

K77で谷川を経由しK86を経て
R427で豊岡を目指して
いければ?鳥取まで。。。。?

線路沿いのK77を進む。
ノンビリした田舎道。緑が濃く爽やかな風が当たる。
f0182606_1325774.jpg

前から感じてたが、この田舎道を走っていて更にここで思った。。。。
このバンスのマフラーに替えてから
エンジンフィールやサウンドフィールが古めなオートバイのフィールになったように感じる。
バンバンバンバンというサウンドと荒いトルク感。
さらにバイクと言うより「オートバイな」フィーリング。。。。
昔乗っていたバイクたちを想い出す。
偶然の成り行きでこの仕様になったが
偶々にいい感じになってくれたことに幸せを感じながら走れた。

K86で緩やかな峠を越えてR427に入る。

R427はいつになく交通量が少なく快走する。
そして道の駅 かみ で休憩。
f0182606_1332139.jpg

時間がまだ早く道の駅は清掃中でレストランや売店もやっていない。

ここでふと。。。。蕎麦が食べたくなった。
出石蕎麦だな(笑)
そそくさと道の駅を後にする。

豊岡市出石を目指してそのままR427を北上
K271からK104を走りR312
そしてK2で出石皿蕎麦 甚兵衛に到着。
f0182606_1334985.jpg

まだ開店前のようだったが駐車場に止める。
するとお店の方が出てこられて
開店前なのに「ゆでるお湯が沸くまで中でお待ちください」と親切にしてくれた。
なんと私のことを来店回数まで覚えてくれていた。
10皿を食す。
f0182606_1342976.jpg

17皿の記録はあるが、年のせいか、体調のせいかコレが限界。
f0182606_1345372.jpg

店の方に見送られ甚兵衛を後にする。

R426~R312~K3で城崎へ。
ここでパラパラと雨がオープンジェットの頬を突き刺す。
城崎は通り抜けK11に。
f0182606_1353554.jpg

路面が濡れているので飛ばせない。
しかし前のタイヤならボブのお尻はフリフリなのだが
このタイヤは踏ん張る。
レイン性能が良いタイヤのようだ。
f0182606_1361893.jpg

R178に入り余部鉄橋を潜り始めたところから
空が真っ暗に雨脚も強くなってくる。
f0182606_13113231.jpg

あるトンネルを出ると、そこは
土砂降りだった。
f0182606_13143718.jpg

あっという間にシートに雨が溜まり革パンもブーツもグシャグシャになる。

雨宿りする軒もなく走る。
やっと浜坂に差し掛かり、JR浜坂駅に逃げ込む。
f0182606_1315734.jpg

カッパを着て、トイレを済まし、缶コーヒーで身体を温め
見計らって土砂降りの中、鳥取砂丘を目指し再度スタート。
f0182606_13161969.jpg

砂丘着。
f0182606_13185388.jpg

やはり雨は土砂降りのままに。。。
気温はまるで初冬のように冷え込む。
でも飲物の自販機は冷たいものだけ。。。。
売店のシュリンプバーガーをほおばり、冷たい紅茶を飲む。
f0182606_13194916.jpg

雨の中リフトに乗っているツワモノ多数発見。笑ってしまったりする。。。
バイクも同じ物好きが数台後から来た(笑)
f0182606_13211883.jpg

雨が少し上がってきたので取り合えず砂丘へ行ってみる。
こんな天気なのに結構人が来ている。
f0182606_13202028.jpg


R29~中国道山崎IC経由か
R9でゆっくり帰るか悩む。。。

雨はまだ降っている。
R29の戸倉峠はこれでは危なそうなので
逃げ込むところが多いR9で時間をかけて帰ることにする。

途中雨も昇降状態になってきた。
ハチ北の道の駅で休憩。
f0182606_13231743.jpg

雨は上がっていたが、また降るかも知れなかったので
そのままR9をひた走る。
f0182606_13233963.jpg

福知山に入っても雨は降ってこない。
コンビニでカッパを脱ぐ。
f0182606_13241086.jpg

順調に南丹波まで帰ってきた。
R173に入り道の駅瑞穂の里さらびきで休憩。
f0182606_1325514.jpg

そこを出るや否や雨がまた降り出す。
カッパはもう着たくないのでそのまま走る。

さらに雨脚がつよくなり、とうとう本格的になる。
しかしそのまま走る。
阪神高速になだれ込んで大阪市内に向かって走れば走るほど
土砂降りとなる。
高速でそう降られると、顔がもげそうだ。
80以上は出せない。

何とか帰還。
帰還するや否や嫌がらせのようにぴたっと雨が止んだ。

これからは雨模様のときはアライのメットで行こう。
って、分かってる筈なのに。。。。(笑)

晴れたり・・・曇ったり・・・雨降ったり・・土砂降りしたり・・・
やはりバイクは自然と一緒に走る乗り物。。。

しかし・・・ノンビリツーリングの筈がストイックツーリングになってしまった(笑)
でも、いかにも「ツーリング」している感じがして好きだ。
自分の体力維持は別として。。。(笑)

ボブもストイックで540Kmのこんなタフな状況
弱音も吐かずにがんばってくれた。

弱音を吐いたのはやはり私の方(笑)

今日もお疲れ様。ボブ。


f0182606_1330496.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-05-29 13:33 | Comments(10)

ノンビリツーリング?・・・前編

このところ早朝スタートが定番になりつつある。
やはり。。。。
いっぱい走りたいし
遠くに走りたいし
朝と言うか、深夜に起きて用意するのも
さも「ツーリングに出る」があって、そんな雰囲気がいい。
しかし私は夜型なのでなかなか厳しかったが
なぜかこのところ苦にはならないようだ。
f0182606_1733133.jpg

この日は朝4時起きで5時の早朝出発。
前日前夜に雨の降りにくそうなところを選抜。
珍しくコースも考えていた。

この出発のボブに跨った瞬間
その予定は全部飛んでいってしまった。
晴を走るのが目的じゃない。
走りたいところに行くのが目的。

例の如く少し離れた場所でエンジンをかけて
阪神高速へ入る。
天気情報を調べてないところへ向かいウインカーを着ける。

今は晴が綺麗に自分を駆り立ててくれる。
阪神高速11号池田線から、いつもならR173に降りるのだが
R423方面に下りる。こっちは久方ぶりだ。
こんな道だったっけ?っと思いながら走る。
路面が濡れているが早朝で空いていて楽しく走る。

亀岡を経由、R372を走る。
f0182606_17355143.jpg

田植えを済ましたばかりの田園風景が広かる。
f0182606_19484310.jpg

ふと、「瑠璃渓」の看板が目に入った。
いつも寄ろうと思うのだが行けてない。
思わす道に入る。
f0182606_17363248.jpg

いい感じの山道を進む。
見たよりも険しくなく、濃い緑が癒しを掛けてくれる。
いいワインディングが沢から山を駆け上がり
明るく開けてきたところに小さな湖畔がある。
釣り人が既に一組来ていた。
f0182606_19154438.jpg

この道をを抜けて行き、k731を左に折れてすぐR173に出る。
天王峠を越えてR372に戻り篠山方面へ。
K77に入り、まだ行き先を決めてないことに気付き(笑)
コンビにでミニストップ。初めてコースを練る。(笑)
f0182606_19334113.jpg

走る道は走ったことないだろう?道の選択。
行き先は。。。。?

またまた長くなるので

続きは後編へ。
[PR]
by blue_harley | 2010-05-26 19:52 | Comments(9)

上陸作戦

f0182606_1345565.jpg

とにかく行きたいと思った。
とにかく走りたいと思った。
理由は。。。。走りたいから。

この復活二回目は、ちょっとはちゃんと企ててみた。

四国上陸。

ETCの割引時間帯ルートを選択し
帰ってきたオートバイ史上、最早出発。

深夜3時30分

バイクを出して少し離れた場所で
恐る恐るセルを回す。

静かに深い夜の街にバンスが吠える。
エンジンはまだ暖まっていないが、そっとクラッチを繋いで
阪神高速に飛び乗った。

まだ深夜の阪神高速は、日中の喧騒とは打って変わって
静まりかえっていて、物々しい怖ささえ感じる。

遠くから「早くおいで」と惹かれるように
中国道を目指してひた走る。

中国池田から中国道へなだれ込み
山陽道へ向かう。

土日の場合ならもっと格安の料金で走れるが
我々のように平日しか走れない場合は
深夜4時までに中国道に入ると少しは割引があるので
それを利用して節約するしかない。
無料化の話が出た時はホッとしていたが
どうも結局はそうならないようなので
こうして努力するしかない。

山陽道は輸送車しか走っていない。
一般車両は殆ど見ることがない。
ましてやバイクなど全く見ない。
暗闇の中を淡々とトラックと交えて走る。

一気に岡山県 吉備SAまで走る。
f0182606_1434255.jpg

白々と明けてきて一般車両も顔を出してきた。
f0182606_1443269.jpg

さすがに夜中を一気に来たので身体も冷えたし
しかも朝飯は摂ってなかったことに気づく。
PAのレストランはまだ開いていないので
パンと缶コーヒーを買い摂り、そそくさと吉備SAを後にする。

瀬戸中央道に入る。
f0182606_14132593.jpg

ここは初めて通る道だ。
f0182606_14142556.jpg

そして瀬戸大橋を目の前にする。
f0182606_1415638.jpg

ここを渡るのも今回の目的。
f0182606_14153399.jpg

早朝の日差しが心地よく景色に溶け込んで
眠気を引き取って行ってくれるようだ。
f0182606_14165312.jpg

坂出のコンビナートが見えてくる。
f0182606_14171765.jpg

橋を渡り坂出に入りJCTで高松道をへて
松山道に入り松山方面へ向かって走る。
一気に石鎚山SAに。
さすがに疲れや眠気が一気に襲ってくる。
ここでちゃんとした食事と仮眠休憩を取る。
レストランはやっていてジャコ天うどんを食べて
コーヒーと一緒にテーブルで眠る。

何時だったろうか目を覚ましスタート。
松山ICで降りる。

コンビににて再度休憩。
街中を散策するがコレといって。。
というか、何も調べてこなかった。(笑)
伊予市の海岸へ走ってみてみる。
いつものようにシーサイドラン。ちょっと雲行きが・・・・
f0182606_152772.jpg

今回は特に走ることが目的なのでこれでいい。
観光は二の次。この次。

午後から雲行きも怪しくなり雨の予報が。。。。
f0182606_15395284.jpg

取り合えず洋食屋さんを見つけてハンバーグランチを食し
コーヒーを飲んでボブのところへ。。。
やはり、雨が。。。。
真新しいサドルバックが雨で濡れていた。
f0182606_1532575.jpg

少しの間小降りになるのを待って
カッパも着ずに松山道に向かう。
そしてゆっくりと帰路に着く。

走りながら。。。。ふと
同じ道で帰るのは。。。。と。

どうしょうか?・・・・雨は?
と迷いながら走る。

雨は上がったが、風が酷く激しく強くなってきた。
激しく車体が流れる。。。。

ところどころにトンネルがあるのだが
出たところで手が離れるぐらいの突風が吹きすさぶ。

今回はアライのバイザー付きのヘルメットを着用してきたので
まだおかげで助かったと。
オープンジェットでは首が持たなかったと思う。
事故以前はウインドシールドがあったので問題なかったが
なければ高速はアライでないと無理だった。

そしてまた眠気がジワジワと襲ってきた。
風も眠気もかなりの限界がきたのでPAに。
上分PA。トイレ以外何もない。
f0182606_1542128.jpg

飲み物の自販機しかない。
身体は突風で煽られ冷え込んでいる。
缶コーヒーを飲んで少し仮眠を摂る。
f0182606_1544717.jpg

ここでルートを決める。
高松道を鳴門まで走り、大鳴門橋を渡って帰ることにした。

風と眠気を確認して再スタート。

風は少し収まってきた。
快調に高松道をなると方面に走る。
日が少しずつ翳ってきた。

大鳴門橋に差し掛かる。
風速14m横風注意。速度50Km制限の表示が目に入る。

ボブにしがみついて橋に突入。
車体が浮きそうなぐらいな橋の下からの煽り風が強烈に吹き上げる。
ステップを踏ん張り、ハンドルを押さえ込んで走る。
景色を堪能する余裕すらない。
渡りきったところのSAで溜まらず非難する。

淡路島南PA
f0182606_1553346.jpg

淡路島ラーメンとコーヒーを飲んで
風が少しでも収まるのを待つ。
f0182606_1525235.jpg

既に陽はとっぷりと暮れている。

真っ暗な神戸淡路鳴門道を突き進む。
思ったより明石海峡までは遠く感じる。
というか、遠い。

華やかな明石橋を渡り本州に戻った。

いつもならここから一気に帰還走なのだが
ふと燃料ゲージを見ると後一メモリしかなく
途中PAにもGSはなかったので
かなりゆっくり走る。

しかし、燃料は無残にもさらに減る。
深井ICで溜まらず降りて2号線をGS目指して走る。
芦屋あたりでやっとGSで給油。
ここから下道で帰還する。

最後は神戸大阪の渋滞に巻き込まれ
思ったより遅くなってしまったが無事帰還。
単純な弾丸ツーリングになったが
アライのヘルメットとボブのおかげで
ある意味バラエティーにとんでいてスッキリ走れた。

しかしながら。。。。
事故後のリハビリランにもかかわらす
二週連続での長距離ラン。
しかも今回は高速が主体だったので
ついに800の大台に。

やはり少し無謀だったかもしれない。
いろいろと心配かけてしまった。

暫らくは下道をノンビリ走ろうと思う。

暫らくは。。。

f0182606_15254655.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-05-21 15:35 | Comments(14)

何度目のリハビリラン?

たどり着いたリハビリラン。
もう何回目になるんだろう。

「こんなに長く待たされた感」が強いせいか
なんと5時起き。
6時スタート。
ちょっと睡眠時間が微妙ではあったが
やはり身体はシャキッとパキット。
ドキドキ。。。。で目を覚めさせられた。

気温はチョイ低めだが、爽やかな空気が頬に当たる。

先日、最終調整時新しく取り付けしたマフラーは
少しだけ?音が大きく感じたので?(笑)
いつもより離れた場所で
少し気を使いながらエンジンをかける。

ボブは以前よりけたたましく叫ぶ。
「待ってましたあー!」とも
「気付けて走れーーー!」とも
聞こえたよう、いや本当に聞こえた。(笑)

行き先は紀伊半島。。。。と、しかなく
阪神高速になだれ込む。

マフラーのサウンドや新しく入れ替えたタイヤの乗り味何かを
確かめながらボケーっと走っていると
入ろうと思っていた阪和道分岐をやり過ごしてしまった。

ここで逆周りを決意。
頭の中で別コースにチェンジ。

マフラーはVANCE&HINES SHORTSHOTS STAGGERED。
以前に付けていたKHROME WERKSはスリップオンマフラーで
今回はフルエキパイでかなりフィーリングは違う。

やはりスリップオンはノーマルのサウンドを少し残してる感がある。
しかしKHROME WERKSはバッフルも入れてカスタムしていたので
性能&サウンドのバランスが良くって気に入っていたので
今回のVANCE&HINESはどのようなことになるかドキドキだった。

VANCE&HINESはKHROME WERKSに比べ高音が強く、しかし低音も含んでいて
サウンドレンジが広く感じた。
KHROME WERKSはボボボボ系で低音の切れで
このVANCE&HINESはダカダカ系で中高域音の歯切れが良く感じる。

サブコンのデータもアメリカで購入したショップから
このマフラーとK&Nのエアクリ用のデータを送ってくれものに変更した。
データを変えると少しマイルドになった。

このマフラーのイメージとしては、短いし抜け重視で高回転型のように思っていた。
実際はフィーリングとしては逆に感じる。
低速トルクが上がっている。60ぐらいでもツキが良く感じた。
音が大きく感じるせいか、80ぐらいでもドコドコ感が強く感じ
以前より低回転型になったようにも思えた。

名阪国道で針IC~R369~R370~K16~R166へ。
久々のR166。
少しウエットな路面に気配りしながら
まだ少ししか剥けていないタイヤの感触を確かめながら走る。

タイヤは前のDUNLOPからMETZELERに。
METZELER ME880。
まだ完全には剥けてないが既に粘りを感じる。
回頭性能が変わったように思う。バンク角にリニアな反応。
まだ攻めてないので分からないが
グリップ性能は高いように思う。
乗り心地はマイルド。

しかし高見峠の気温が妙に低い。
鼻水が出てくるし、革ジャンの壊れた袖のファスナーから
冷たい風が入ってくる。
シールドレスで来たがちょっと後悔。
f0182606_11554770.jpg

溜まらず一回目の休憩に道の駅飯高で休憩。
バイクは私の一台だけ。
売店はまだオープン前のAM8時前。
f0182606_11564633.jpg

ゆっくりボブを眺め。。。。走れていることをやっと実感。
感無量。。。。

ここで財布にお金を入れてくるのを忘れたことに気付く。
小銭入れに700円ぐらいあったので自販機に駆け寄った(笑)

缶コーヒーで身体を温め道の駅を出る。

伊勢神宮?パールロード?マザーロードカフェ?
どこへ行こうか。
相変わらず何にも決めてない。。。。(笑)

R368~K13~伊勢二見鳥羽ラインで
中学正以来ご無沙汰していた二見ヶ浦へ向かう。
伊勢二見鳥羽ラインはETCがないので現金払い。
二見まで100円だったので胸を撫で下ろす。

二見ヶ浦に着く。
f0182606_1252123.jpg

天気が良いせいか結構観光客が多い。
f0182606_12134117.jpg

かなり風が強い。でもいい天気で昔来た記憶をたどるが
全く覚えていない。。。
f0182606_1216391.jpg

無事に帰る。のカエルだそうだ。
f0182606_13175054.jpg

サザエの壷焼き。。。匂いが美味そう。。。お腹空いた。
でも買うお金がない。。。。(笑)
f0182606_12183772.jpg

久々に見る夫婦岩。
f0182606_1841447.jpg

ここの周辺で水泳に目覚めて泳げるようになったことをふと思い出したり。。。

パールロードに向かい、二見を後にする。

パールロードも学生時代友人と
まだ高額有料のころ来たことがあって
あまりの高額であったので二度と来たくないとぼやいたのを思い出した。
「道に真珠でもひいてあるのか?」って言ってたなあ(笑)

パールロードを奥パールロードまで走る。
そして、またややこしい鵜方の5差路でサクッと迷う。(笑)

K17~k112~K152~R260と浜島をショートカットする
チョイややこしい道の選択。
そのせいかガラガラで道も面白くって気持ちよく走れた。
R260を紀伊長島に向かってひた走る。
これも快適ルート。

紀伊長島でR42に当たる。
すぐそこに道の駅があった。
さすがに空腹。。。。いつの間にか13時ぐらいになってたか。。。
f0182606_12411673.jpg

ふと見ると黒いエレグラが一台だけ珍しく止まっている。
横に停めで売店へ。
当然以前からの知り合いのように話をする(笑)
一緒に飯を食うことにした。
私はなけなしの残金600円の内500円を使い
鯖寿司やめはり寿司やキス寿司?入ってるのを食べた。

ふと見ると黒いワンちゃんを連れておられたので?
ん?どうやって?こうやって?
f0182606_12452971.jpg

潮岬にキャンプに行かれるよう。
しこたま羨ましい。。。。着いていきたくなった(笑)

しばし団欒をして、向かうところ同道だったので一緒に走ることに。

エレグラの方はデジイチを首からさげて撮影しながら走られてた。
f0182606_12502188.jpg

ここは私はコンデジなのに負けてはいかんと?(笑)
初の「走りながら撮り」に挑戦。ま、道暇だろうし。。。。
f0182606_12471312.jpg


R42を私が先導し走る。
後ろから見る自分の走り姿。
f0182606_183463.jpg

めったに見られない図。

R42は相変わらず面白くない。
途中尾鷲あたりで熊野尾鷲道路に勝手に入る(笑)
走ったことのない道好きの血が騒ぐ。

この道は今建設中のようだ。
Googleマップでもまだ道が正確に上げられていない。

とにかく終点まで走る。
降りたところがイマイチ分からなかったが
標識と勘で走る。。。。(笑)
K10?K70だったか峠道のワインディングに入る。
二車線で広くて登りのタイトコーナーが多くって
気持ちいい道に入る。
でも、病み上がりなので2回ぐらいのステップ擦りでゆっくり駆け上がった。
そしてなだらかにくだり海沿いのR311に入る。

それからどう走ったか?(笑)R42に戻り
熊野に差し掛かる。
f0182606_13134376.jpg

鬼ヶ城付近で休憩。記念撮影。
f0182606_131428100.jpg

ここから一気に串本へ向かう。

風も収まり熊野灘が穏やかになってきた。
f0182606_1319857.jpg

新宮に入る。いいペース。
f0182606_1320499.jpg

ここでエレグラさんは給油でGSに寄られるので別れる。
ひたすらR42をボーっと走る。
陽も少しずつ落ちてくる。
これからのサンセットがこのあたりは気持ちいい。

串本に到着。
f0182606_13401248.jpg

証拠写真を撮っていると。
ドコドコとエレグラの方が追いついて来られた。
トドメの記念撮影。(笑)
f0182606_13331849.jpg

本当にここではお別れ。
また一緒に走ることを固く約束する。

再び夕暮れのR42を紀伊田辺に向かいひた走る。

すっかり日が落ちてきて、気温も冷えてくる。
f0182606_13434149.jpg


紀伊田辺に着く。
さすがに肋骨や腰骨や手首に疲れが出てきたので
コンビニでカードを使いチキンと缶コーヒーで休憩~給油。
f0182606_13452857.jpg

田辺バイパスから阪和道に一気に走る。
やはり気温はドンドン下がってきて
身体がまた一層冷え込んでくる。
しかし一気に走る。
でも耐え切れなくって紀ノ川SAに非難。。。。
f0182606_13492897.jpg

二輪の置き場にツワモノ発見。伊豆から来られたのだろうか?
30分ぐらい非難。
缶コーヒーをカードで買って暖をとる。
一気に阪神高速で帰る。
もうPM10時になろうとしていた。

結局なんだかんだで紀伊半島一周。
リハビリランとしては長すぎかと。。。

でも

蘇ってきたボブも
新しいマフラーもタイヤも
走った道も
であった人も

あまりにも気持ちよかったので
走らずにはいられなかった。

久々の心地いい疲れの705Km。

これからもずっとずっと

よろしく。。。



f0182606_15262191.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-05-16 14:04 | Comments(19)

無事退院

5月2日の日曜日
仕事を早仕舞いして
退院の手続きをしてきた。
f0182606_1122329.jpg

最終調整の連絡を待たずして
工房を出てディーラーへ向かう。

本当に長く感じたな。と。。。。

久々に見たボブは
f0182606_1132849.jpg

「よっ!」って。。。。ちょっと斜に構えて
「もうコケンなよーイタイじゃんかー」って言ってるように聞こえた。

最終調整を少し待ってボブが外に先に出ていた。
f0182606_1173100.jpg


ヘルメットを被って、久々に跨る。

なぜかボブは軽く小さく感じた。。。

そして、まだ最後の追加調整のため
宝塚のカスタムショップに向かう。

気持ちよく晴れ渡る高速道路を軽快に走る。
たまらなく嬉しくなってくる。
このままどこかへ走りたい気持ちを抑えながら。。。。

ショップに着く。
f0182606_1181819.jpg

調整開始。
f0182606_119460.jpg

2時間半をまるで娘が花嫁衣裳に着替えるのを待つように
ショップの中をウロウロ。(笑)
f0182606_11162441.jpg

写真を撮ったり落ち着かない。
f0182606_11115597.jpg

「出来上がりましたよー」
エンジンをかけて結構変わったことに感無量。(笑)

少し走りに行きたかったが
時間が7時半を回ろうとしていたので
今日は真っ直ぐ帰ろうと、初めて真っ直ぐ帰ったのかも。

まだこれから自ら最終の調整が必要だし
ショップでやってもらった詳細についてやインプレッションは
改めてリハビリツー後書こうと思う。
今はボブが帰ってきたことで精一杯。
f0182606_11363338.jpg

そして、収まるべきところに収まった。ボブ。
f0182606_11193583.jpg


ちょっと変わったボブ。。。(笑)

お帰りボブ。

やっと、やっとの思い。



帰ってきたオートバイ。

f0182606_11201327.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-05-06 11:31 | Comments(20)

退院前夜

やっと.....明日に.....
と言うか.....今日。
長らく入院していた相棒が退院する。

本当にやっと。。。。
今回はヤケに長く感じた。

もう戻って、帰ってこないのか?と思うほどに。。。。

今日あれこれと事故後ボブ以外のことを書こうかと思ったが
なぜか書けなくなった。

これまでもblogを更新するためボブ以外のことを
書こうと思ったが。。。。書けなかった。

過去のボブの姿も載せたくない。
新しく帰ってきたボブを載せたい。

ボブが帰ってくることで
心の中や頭の中は、これからのことでいっぱいになってしまった。
嵐のように様々な思いが駆け巡る。

沢山のことを背負ってボブとは付き合って行きたい。
無事に生きて行きたい。

とにかく明日はボブに跨り走って帰ってくるんだと。
今日は静かに思いを馳せよう。

お帰りを言える明日のために。
次回はここで無事に戻り
blogのタイトルを言おうと思う。
[PR]
by blue_harley | 2010-05-02 01:28 | Comments(14)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31