帰ってきたオートバイ

indyblue.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

WIND VEST ラン

f0182606_14472944.jpg

以前よりウインドシールドやカウルについては
あまり良い思い出がなく、ハンドリングが不安定になったり
へんなトラウマもあり恐る恐るのテストラン。

見た目も跨って前を見据えた時の違和感もさほど感じない。

4時間睡眠の頭で相変わらず行き先を決めず
生温い曇りの空を右ウインカーで出る。

気温も高いし、分かりやすいように今シーズン初の
オープンジェット+ゴーグルシェード+フェイスマスクで走る。

ボブの大きな振動で緩みと、風の流動を確認したり
どこへ行こうかと考えながら近所を一周し
阪神高速になだれ込む。

WIND VESTは今のところ妙な気流は作ってはいない様。

ここで

テストランは定番で淡路島へと決まった。
サブコンを乗せてからもはじめての淡路島だ。

阪神高速湾岸線へ。

高速流域へ恐る恐るアクセルを絞る。

意外と風の量の減少は感じなく
防風の効果はあまりなさそうか。

あまり風がなくなるのを危惧していたのでホッとする。
こんな小さい風除けでは当たり前だが。

ハンドリングに及ぼすブレなど
極端な風の巻き込みも感じず
不安定要素は感じられない。

ふと気付く。
通常だと、この速度領域に入ると
オープンジェットだと浮き上がり不安でアクセルが
ここからは開けられないのだが・・・
そして、ハンドリングも浮き気味で不安定になり
しがみつきニーグリップで耐えることになるはずだが・・・・

ならない。

低速から高速までハンドリングが落ち着いたように感じる。
高速コーナーも低速コーナーも踏ん張りが良い。
風の抵抗が減って楽になったというより
これが最初に感じた変化だ。

そんなこんなをボーっと考えながら走ってたら
神戸でハーバーハイウェーに入りそびれて
ハーバーランドに一旦下りて、再度ハーバーハイウェーに乗り
阪神高速神戸線に再度乗り、第二神明へ。
明石海峡大橋を渡る。

橋はいつものように強い横風が吹いている。
いつもならハンドルにしがみつくのだが
なぜかハンドルが流れない。
普通にいいペース?かなりのペース?(笑)で
あっという間に渡りきる。
この変わり方もなにげにビックリだ。
ちょっと大げさだがバイクが変わったような感覚。

いつものように淡路ICで降りてK31を走る。

前から気になっていたパルシェ香りの館へ。
f0182606_14481396.jpg

みぃばさんがここのカフェに行かれてて
行ってみようと、しかし名前が野郎が行きにくそうだったので
敬遠していた。
f0182606_1451578.jpg

カフェ定休日。
f0182606_1448596.jpg

しょうがないので記念撮影だけする。ガラワルっ(笑)

そしてまた走り出す。
空がいつの間にか蒼く澄んで空気も
風もも小春日和を大きく超えてきた。
海も澄み渡りエメラルドグリーンに輝いて
思わず景色に足を止めた。
f0182606_14513291.jpg

f0182606_14522815.jpg

以前臨時休業で食べられなかった淡路牛ステーキランチを
リベンジにK46に右折し向かう。

ここの道は快走路だが、途中ちょっとタイトコーナーもあって楽しい。
やはり低速でタイトなコーナーでもハンドリングが変わっている。
ハンドリングが粘りフロントが良く踏ん張り、かといって
切り替えしなどは、裏腹に速くなった様にも感じる。
コーナーの進入速度を上げ気味にできて、以前より速くスムーズに
抜けていけるようにも感じた。

今度は迷わずスムーズにランチタイムぎりぎりに到着。
鉄板焼 お好み焼き 咲咲
f0182606_14531596.jpg

客は私一人だったが、あとでおばあちゃんが一人来て
二人でランチ。(笑)
f0182606_1454137.jpg

淡路牛ステーキランチプレート
f0182606_14552225.jpg

淡路牛ステーキと塩ピラフとスープが付く。
f0182606_14554849.jpg

さすがに淡路牛が美味い。

お勘定の時、以前来た時は臨時休業でショックだったことを
店主さんに伝え、お店のブログに載せられていたカフェの場所を聞く。

すると店がランチを終え一旦閉めるそうで
店主さんが案内してくれるとのこと。
大体の場所は分かっていたが、お言葉に甘えて店主さんの車の後を走る。

?どうも全く違う方向に走っているように思う。
K46を戻っていく。
どこへいくのか?山の中の細い道へ入っていく。
ちょっと不安になってよからぬ妄想?(笑)に苛まれながらついていく。

到着。
思っていたところと全く違うお店。

カフェ La Uhbe
f0182606_1456528.jpg

f0182606_1458334.jpg

咲咲の店主さんの妹さんがされてるカフェで
分かりにくい場所だから連れてきてくれたのだった。
f0182606_14571452.jpg

南国のリゾートっぽい景観でいい感じ。
f0182606_14591222.jpg

行き当たりバッタリならではの面白い出会い。
しかもここはIPhoneの電波が入らない。
後ろを付いてきたので場所の感覚がないので
いい感じのカワイイ店員さんに色々教えてもらってお話させてもらった。
これもアナログな装備のおかげの賜物?(笑)
f0182606_14595850.jpg

f0182606_1504450.jpg

ここはランチもやっていてこれも今度食しに寄ろうと思う。

教えてもらった道を五色町の都志R31に戻り
ひたすら道の駅うずしおを目指す。

陽は傾いてサンセットロードは名の通りにオレンジ色に染まる。

うずしおに着く。
f0182606_1515981.jpg

いいタイミングだった様で、いい感じで渦を見ることができた。
f0182606_1523889.jpg

バイクが数台いた。やはりこうあったかくなると走らないとしょうがないからか。

時間が迫ってきたので
水仙ラインを流し帰路に着く。

水仙ラインの手前の豪快な崖側道を
WIND VESTで安定したハンドリングで駆けていく。
ここでサブコンの効果であろうトルクの粘りを大きく感じる。
f0182606_1542767.jpg

f0182606_156033.jpg

水仙ラインの終盤、タイトな峠道では粘るサブコンのトルクと
シールドでタイトになったハンドリングで
3速ギアを多用しタイトなRの小さいヘアピンをスムーズに回る。
前は2速を多用していたが、3速で気持ちよくステップを削って走れる。
ペースはかなりハイなので、神経はかなり疲れるが
楽しい。

夕日を背に一気に淡路ICへ。
既に陽は落ちて
明石~神戸の夜景を真正面に見下ろして橋を渡る。
f0182606_1564119.jpg

途中京橋SAでコーヒーブレイクし
大きな高速のRをいつもよりアクセルを開け気味で駆けて

工房に帰還した。

こいつの良いところは装着前とそんなに大きく風を感じなくなくなっていることがなく
風をしっかり感じて操安性など様々なメリットを出しているところだと思う。

f0182606_1573438.jpg

この有機的ななシルエットが持つところの効果なのか。。。。

このシールドが本国アメリカで人気があるということが
なんとなくわかるように感じた。
普通は防風効果がメインのウインドシールドの働きだが
こいつは少し違うように思う。
ウインドシールドというより、カウルに近い効果のように感じる。

シールドを着けるとツーリングっぽくゆったり走るイメージだが
これは逆で、よりスポーティー&タイトな走りに駆り立てられる効果を感じる。
なので、楽になって疲れないはずなのだが
違った意味で疲れることになったようだ。

ま、調子に乗って走りすぎたのだが。。。。(笑)

暫定だったシールドの角度の微調整も済んだし
また走ろう。

でも・・・・
雨の匂いがしてきたなあ。。。。

f0182606_15131313.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-28 15:22 | Comments(12)

ウインドシールド

前々からどうしようかと考えていた
ウインドシールド。。。
基本生まれてこの方着けたことがない。
唯一以前乗っていたカタナが初カウルで
よく見ないと分からないぐらいの
ちっちゃいシールドが着いていたが
それぐらいだった。

カタナを乗っている時はそのちっちゃいシールドが
どれぐらいの効力だったか感じていなかったが
このボブを乗ってそれが分かった。

ボブやその他ビッグツイン系などは、タンクの上に計器類が付いていて
ハンドルの中心になく、そこからかなりの風圧がやってくる。
はじめはそれにもなれていなかったので、少し驚いた。
しかし、しばらく乗っているとそれにも慣れてきて
必要性は感じていなかった。

以前ここでもあげた、mosさんのサブコン付きのボブを乗らせてもらった時
サブコンの効力もさることながら
ウインドシールドの効力もかなり感じてしまい
ある意味トラウマとなってしまっていた。

しかし、ボブに合うウインドシールドの種類が少なく
mosさんとのオソロもいいかなと思っていた時
前から気になっていた物を考え出した。

それを以前から国内などで入手を探していたが
なかなかなくて、並行輸入で海外のサイトで探していた。

そして何社か輸入を断られたが日本に送ってくれるところを発見。
やっと注文して3週間後やってきた。

WIND VEST FatBob 14inch x 14inch tint(smoke)
f0182606_16591661.jpg


ディーラーでひろさんと会った日に到着。
その夜早速仕事を片付けてから取り付け。
f0182606_16594076.jpg

アバウトな取り付け図でだったが
簡易に着けることができるのを売りにしているだけあって単純だ。
各パーツはメッキが綺麗に施されて質感が高い。
シールドは厚めのポリカでガッシリしていて微妙な曲線が空力を考えてあるように見えて
デザイン的にもセクシーだ。
f0182606_1712294.jpg

しかしハンドルのRになかなか会わないのと、ETCのアンテナが邪魔で
シールドの角度が調子しにくくてこずった。
シールドの高さを2段階に調整できるので、一旦シールドだけ外し
低い位置に変えて暫定装着。
f0182606_1718373.jpg

そして早速テストランへ。。。
と思ったのだが、晩飯でビールを飲んだのを思い出す。

テストランは翌日に持ち越し。

さあ、こいつでどこへ走ろうか。

ではインプレッションは次回へ。
f0182606_17312447.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-27 17:31 | Comments(8)

テールランプ

先日月曜日のあまりに良い天気で
何か仕事中抜け出す理由を探していたら
(本当はちゃんと働きマンだが)
そう言えば
テールランプがショートによる不点灯で治す必要があり
しょうがないので・・・・(笑)
ディーラーへ出かける。
f0182606_1758348.jpg

今回で3回目のランプレンズに雨が混入。
f0182606_18395430.jpg

そしてのショート~バルブの破損。

開けてじっくり診てもらっている最中に
ふと
同じディーラーカスタマーだし(?)ひろさんにメールしてみた。

b「今ハイサイドにいますよ」
ひ「信じられないでしょうけど、仕事中です」
b「信じていません(笑)」
f0182606_18402397.jpg

どうも今回はテールランプ回路の制御基板が腐食しショートしたよう。
これはあまりないことみたいで、写真を撮りハーレー本社に確認。
取りあえずはアッセンブリーを交換し無事修理完了。
f0182606_18413467.jpg

後ほど本社からの支持待ちで、原因を改善する対応策を行うことに。

ディーラーさん曰く、もっとちゃんと洗車が必要とのご意見があったので
天気もいいし洗車することに。
f0182606_18211888.jpg

ともしていると、ドドドとヤッコカウルが。。。。
ひろさんがTonさんのHXSEを借り出し(笑)来てくれた。
f0182606_18222179.jpg

しばし洗車しながらの会話をし
ディーラーさんと楽しく3者会談をし
このまま走りに行く勢いになったが
そう言えば仕事中だったことにここで気付く。(笑)
f0182606_1842720.jpg

泉北高速との交差点まで約500mのチョープチツーをし
次は1kmぐらいは、いやガッツリ走りろうと交わして(笑)
ここで分かれる。

仕事中のイケナイ秘め事は楽しい。

お仕事の手を無理やりに・・・無理やり止めて?
まで会いに来てもらえたことは本当にうれしかった。

ホント申し訳なかった・・・・

ひろさん。

f0182606_1849479.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-26 18:51 | Comments(4)

ちょっと待ってね

ブログにアップしたいことが溜まってきたが
しばしお待ちを。。。。

宮崎県の焼酎
甕雫(かめしずく)と赤霧島。
f0182606_19464781.jpg

仕事もひと段落して
今日ゲットした遠近両用メガネ(老眼がきてね。。。トホホ)も
調子いい感じなので、ブログアップしようとしていたら
以前ギターアンプ製作をさせていただいた
宮崎出身のお客さんが差し入れで持ってきてくれた。
f0182606_19501361.jpg

甕雫は特に早く飲まないと!とのこと。。。、。

しょうがないので。。。

(笑)

お先に飲みます。

ご勘弁を。

明日にはちゃんとブログアップしよう。



たぶん。。。

(笑)
[PR]
by blue_harley | 2010-02-25 19:51 | Comments(6)

未開の地へ

と、ずっと考えていた。

同じ場所の焼き直しが増えていたので
正直飽きてきていた。

偶には行ったことのないところへと
行くことでリフレッシュ度を上げたい。

一心で向かった先は

知多半島。

色々調べたが今ひとつ面白そうな情報がない。
とりあえず行くしかないか。。。。

東へと阪神高速~名阪国道で向かう。
f0182606_212279.jpg

亀山SAで休憩を取って
西名阪~伊勢湾岸に入り

知多半島道路へ・・・・
流れるのに大府ICで・・・・

入りそびれてしまった。

豊明で降りて、R23~R155で戻り
軌道修正。

ひたすらR155で半島を南下。

行けども行けども海が見えない。

シーサイドロードフェチの自分としては
期待満々だった。

でも海がない。。。。

どのあたりか少し見えてきた。

しかし・・・・信号のある普通の道で
全く楽しくない。

また海がなくなる。

そうこうしていると。。。。

名古屋まで34kmの標識。。。。??
は、半田市??

なんで??

まだ半島の突端まで行ってないのに。

コンビニで止まってiPhoneのGoogle Mapで位置確認。
f0182606_22639.jpg

既に突端の町、師崎は通り過ぎ
半島の付け根の東側の町
半田市に来てしまっていた。
f0182606_223295.jpg

稀に見る。。。。なんにもないツーリングとなった。

ノーーーンビリ走ったから良しとしよう。。。。

とは行かないので、渥美半島方面を目指そうとしたが
さすがにタイムアップ・・・(T T;

何にも食べずに走っていたので
もう一度常滑市に向かってK34を走り
またこれも面白くない道。
f0182606_23732.jpg

常滑のマクドナルドでニューヨークバーガーのやけ食いをして
f0182606_232938.jpg

急遽オフ会をすることに。。。

常滑ICから知多半島道路~伊勢湾岸へ。
この道がガラガラ。
みなさんかっ飛ぶかっ飛ぶ。
私も安全に考慮しながら少しつられる。
またボブが速くなってるものだから
簡単につられる。

ふと白い日産のセダンを発見。

急減速。

赤いランプをクルクル回して近づいてきた。

私の後ろで・・・・・

ランプが消えた。

セーフ。




待ち合わせの湾岸長島に着く。
しばらくすると<ダイナ乗りの方が。
初顔合わせのオフ会。
f0182606_25116.jpg

楽しく過ごして、日もあっという間に落ちて真っ暗に。
途中まで一緒に走って、左手を上げて別れた。

ここからは新名神へ。雪がちらつく極寒をかっ飛ぶ。
みなさんペース速すぎ。。。
異常に気温が落ちてきて手足が痺れる。

名神に合流。
京都南を過ぎて例の合流地点で大渋滞。
動かない。。。。
すり抜けでしのいでそこを抜ける。

近畿道~阪神高速で帰還。


今回は唯一オフ会だけが救いのツーリングだったか?

しかしまあ、よく高速を走った日だ。
タイヤの真ん中ばかりをかなり消費した。

途中道を修正した時
行き先も変えればよかったか。。。。

いつもいい景色や食べ物に出会い
写真もがんばって撮るのだか
今回はなーんにもない。
これははじめてかも。


でも変に、妙に、結構疲れた。
なぜなんだろうと
ふと、ボブのメーターを見ると

トリップメーターは
505kmの走行距離を示していた。

f0182606_2231547.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-18 02:12 | Comments(16)

琵琶湖ラン

一週間前の長期予報では晴れだったのに
前々日ぐらいから、かなりこの火曜日が
雨の予報が濃くなってきて
前日の情報では一日中雨と。。。。

また、よりによってとあきらめながらも
小雨ぐらいなら・・・・と
カッパ着てでも走る気構えはギンギン。

朝起きて雨は降ってない。
いけるんじゃ?・・・・

用意していると・・・・

振ってきた。小雨が。。。

しかし・・・・走る。

いつものようにカイロを貼り巡らせ
革ジャンと革ベストと革パンツで身を固めて
ボブの手綱を引き
スタートラインに立つ。

同時に雨が上がった。

今にも雨が零れ落ちそうな空と
ウエットな路面を蹴り上げ
琵琶湖へ、北に向かって走り出した。

東大阪から近畿道に乗る。
路面がしっかり乾いている。

北の空が少しばかりか明るく
それがまるで希望の光のように
そこに導かれるように向かっていく。

名神~京滋バイパス~石山ICで降りて
さざなみ街道を走る。少し車が多め。

K25の三叉路を左に入り
水ヶ浜方面へ。
f0182606_2010660.jpg

シャーレ水ヶ浜に着く。
ここは前から知ってはいたが
男一人で来るのに抵抗があった。
「シャーレ」という名前がそれの原因。
男っぽくないでしょ?
やはり女性同伴な感じがした。
f0182606_20103521.jpg

こうして実際来てみると
全くそれは感じなかった。
f0182606_201165.jpg

都会の喧騒から逃れられた
静かで良いところだ。
f0182606_20134034.jpg

店員さんの
「今日は暖かいですね~」
が、心地いい。
f0182606_20114081.jpg

テラスに出てマッタリする。
f0182606_20135753.jpg
f0182606_2014205.jpg

f0182606_20171397.jpg

f0182606_20204290.jpg

雨はどこへやら。。。。
代わって暖かい日差しが振り注ぐ。
f0182606_201664.jpg

ゆっくり静かに時が流れる。

この周辺はさっきまで雨が降ってたようで
道はヘビーウエット状態。
これも時系列で雨に間逃れたようだ。
ラッキーである。

コースはまだ決めてなかったので
ここで琵琶湖周りを決めてスタートする。

奥琵琶湖はかなり雪や凍結の可能性が
高いけども、今日のような緩んだ気温だと
走れそうに思った。
逆に冷え込んだら走れないし。。。。
と。

あっという間に奥琵琶湖。
片山トンネルを抜けると
一面、銀世界。
気温もグッと下がる。

道の雪や凍結を溶かしたばかりのようだ。
f0182606_20245126.jpg

また、道がベチョベチョ。
路側に大盛りされた除雪に驚き走る。
f0182606_20265696.jpg

やはり、ボブはトルクが増したせいか
乗りやすくて、飛ばしてなくっても
アクセル操作などが楽になり
到着が早く感じる。

少しK336を湖面を見ながら走り
R8へ合流し塩津でR303~R161。
マキノ高原方面K287に右折し

メタセコイヤに着く。
f0182606_20395989.jpg

ここは近くまで来るが
この道に入るのは初めて。
やはりバスフィッシングは湖面ばかりで
高原には来ないからだ。

しかし・・・ここも一人じゃなくって
同伴が好ましいように思った。
一人だとロマンティックでもなんでもない。。。。(笑)
f0182606_20373696.jpg


ここでコースを少し迷う。

R367は凍ってないか?
雪は?

でもR161で、渋滞の中は走るのは避けたいし。。。。

やはりR367へ。

R303を経由し入る。

道は山中にグングン上がる。
山中や路肩の残雪が多くなってきて
気温がガクッと下がる。

路面はライトウエット。
ところによってヘビーウエット。
ドライはほぼない。

温度表示を見ると5~7℃と
そうでもない。

凍ってはいないようなので
ウエット路面をスライド限界のギリギリで
ワインディングを楽しむ。

やはり鯖街道だが、鯖は食べない(笑)

R477~旧R161に入る。
この街道沿いにサンドイッチカフェがあり
そこに寄ってゆっくりしようと思った。
以前行った時コーヒーが絶品だった。
今回はかなりいいペースで走れて
時間もゆとりがかなりあったので
美味しいコーヒーを飲んでマッタリしたかった。

街道を走るが店が見えてこない。



なくなっていた。。。。

子供たちが走り回っていた光景を思い出す。
時勢柄なのか・・・・少し寂しく思う。

仕方ないので浜大津~大津の街を抜け
大津ICから名神を走る。

桂川SAで休憩。
いやーいつになくマッタリだ(笑)
f0182606_2035084.jpg

小腹が空いたので桂川カレーうどんを食するが・・・・?
?っという感じにしとこう。

ふと気付くとボブも自分もドロドロだ。
f0182606_20425212.jpg

また帰ったら洗車かあーと。。。
f0182606_20415799.jpg

結局雨は近畿道で東大阪に入りパラっと来ただけで
ほとんど曇or日差しだった。

名神は相変わらずハイペース。
しかし、ボブは全く楽勝だ。
速くなったなーボブ。
やはり、アレを着けたくなってきた。

タイヤやブレーキやサスペンションや・・・・etc....

やはりこれだけパワーが上がると
制動性能が追いつかない。
ブレーキがいいのが欲しいと前回から感じていた。

んー
でも先立つものがない。

当分このまま付き合っていこう。




かな?




f0182606_20485228.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-10 20:57 | Comments(12)

雪上タンデムラン

本当は琵琶湖へ
シャーレ水が浜でも行こうと
タンデムに相方もハマったようで
乗っけて向かおうと思っていた。。。。

伊勢神宮に前から行きたがっていたので
「どうする?いいよ」って。

急遽、お伊勢さんへ向かうことに。

ルートが問題で
チョイ悩んだが、少し冷え込んでいるが
日差しが出ているので大丈夫だろうと
針TRS経由で向かうことに。

天理からの登り坂も
やはりタンデムでも余裕の6速ホールドで
ガンガン登っていく。

今のところはサブコンによる弊害は出ていない。
エンジンのかかりも一発だし
アイドリングも安定していて、誤動作は全く出ていない。

どころか、速いハーレーになってくれた。
ゆっくり走っても低速トルクがあって走りやすいし
すこぶる快調である。

針TRSに向かえば向かうほど
路側に雪が見えてきて
指先が痺れてきた。

針TRSを横目にR369に左折。
既に路面がかなり濡れていて
いやーな予感が冷え込みと一緒に漂う。

すぐ道に雪が見えてくる。
雪がかなり降って、塩カリで溶け出したすぐのようだ。
香酔峠に入る。
道はベチョベチョで、ところどころに溶け出した雪。
それを避けながら、ビクビク走る。

一人で走るなら、何のことはないのだが
さすがにタンデムは肩に力が入る。

しかも、非常に冷え込んできた。
カイロもヒーターグリップのMAXも全く効かない。
震えも止まらなくなる。ワースト記録の低温状態かもしれない。

南下する程にそれらがどんどん酷くなってくる。
前を行く車や、すれ違う車の雪溶け泥がボブと我々にふりかかる。
メットのシールドが泥で濡れて前が見えない。
それでなくても雪がところどころに積もっていて
避けなければならないので、スローペースにならざろうえない。
なかなか進まないので終わらない。

このあたりで、さすがにコース選択のミスを悔やむ。

しかし、後悔先に立たずである。

榛原を過ぎても続く。

R370で吉野に入り逆にそれらがなくなり
道も乾いてホッとする。
三茶屋でどうするか考える。

ここでこんななら、R166はヤバイんじゃ?

しかし、手詰まりで。。。。
行けるとこまで行って
ダメなら引き返そうと決断。

K16~R166へ。高見峠へ差し掛かる。
やはり道の上に雪が。。。。
道は濡れていて雪がところどころに。
しかし凍てついてはいないようだ。
スローペースで高見トンネルに上がる。
それでも、香酔峠よりましだ。
香酔峠は半端ない気温だったことがわかる。

トンネルを越えてループ橋へ。
まだ雪がある。
下まで降りると半乾きの道に出た。
少しずつ道が乾いていく。

とりあえずホッ。
前にも寄った道の駅に休憩。
f0182606_052579.jpg

f0182606_0582663.jpg

f0182606_0591788.jpg

ドロドロになった自分たちと、ファットボブを見て
走ってきた道のエグサを再確認。
反省する。
でも相方は全然平気で、テンション高い。(笑)

パン屋さんで暖を取る。
f0182606_0595410.jpg

こられていたご夫婦に、バイクでー?っと呆れられる。

ここからは町の中なので大丈夫。
R368に左折し、R42、K13に右折。
伊勢神宮 外宮に着く。
さすがにバイクは我々だけ。
f0182606_153272.jpg

相方ははじめてなので嬉しそう。
しっかり観光。
f0182606_164896.jpg

神馬と出会う。これは私ははじめて。
何かハッとする空気に包まれ、ここにこうして来たことを必然のように感じた。
非常に嬉しさがあって・・・・?なぜなのか?不思議に感じた。
なのでしばらく馬と話する。(笑)
f0182606_1113182.jpg

なぜか神馬 草音号は楽しそうに見えた。
少し、笑みがみえたように思えた。

じゃあな!と去ろうとすると
寂しそうにこっちをずっと見ている。
寂しがり屋さんかもしれない。
f0182606_1151819.jpg

f0182606_1161030.jpg

外宮を後にし、内宮へ。
f0182606_1181916.jpg

珍しく3台のハーレーが止まっていた。
f0182606_1245447.jpg

よく見ると三重ナンバー。そりゃそうかと思う。
気が付くと、もうとっくに昼を過ぎていて
お腹が空いたので、おかげ横丁に。
f0182606_1272367.jpg

ド平日なのに、まるで初詣のようだ。
いつも人が多いところで、人気スポットなのだろう。
f0182606_1311982.jpg

夏に冷たい伊勢うどんで少し失敗したので
暖かい伊勢うどんをリベンジで食べてみた。
f0182606_1295116.jpg

暖かい方がいい感じかも。。。しかし自分的にも相方的にも、微妙。。。(笑)
赤福ぜんざいを食べて、串の天ぷらを食しお腹いっぱい。
f0182606_1332117.jpg

f0182606_1365373.jpg


バイクのところを見てみると
結構バイクが来ていた。
f0182606_1382135.jpg

去年の夏は橋を工事していたが
完成している。
f0182606_126258.jpg


ちゃんと参拝へ。
f0182606_1385538.jpg

なぜか若いカップルやグループが多い。
f0182606_1391026.jpg

f0182606_140422.jpg

しっかり参って・・・・そういや初詣してなかったので
これが初詣になった。
気になっていたカフェで休憩し
f0182606_233846.jpg

f0182606_1581556.jpg

帰路に着く。

コース選択は迷わず、高速で。(笑)
伊勢西ICから名阪国道に向かい走る。
伊勢道はガラガラで、走る車は超ハイペース。
しかし速くなったボブはタンデムでも余裕で流れに乗る。

津を過ぎたあたりで雨が来る。
安濃SAで給油。
カッパを着るかどうか迷ったが
SAを出た途端に雨脚がつよくなる。

でも、がんばって走る。

名阪国道の手前で小雨になる。

名阪国道を大阪方面に向かいひたすら走る。
気温が急激に下がり始める。

伊賀の手前、南在家あたりだったか
突然・・・・バラバラっとメットに音がする。
雪?霰?
車もみんなスピードを落として走る。

伊賀を過ぎたあたりで事なきを得る。

こんな状況だとやはりあれ?が、欲しくなる。
ポチろうかなあ。。。。(笑)

針TRSにたどり着く。
バイクは我々一台だけ。ポツーん。
f0182606_1574125.jpg

夕ご飯を食う。
f0182606_1583691.jpg

豚汁でホッとする。
道が凍る前に早く天理に下りなければヤバイので
そそくさとTRSを出る。


しかし、はじめから終わりまで後悔の連続だった。

琵琶湖にすりゃあよかった・・・・と。


でも、それはそれでなんかあっただろうと。。。。

更にあれ?を着けたくなってしまった。

神馬はやはりそんなこんなを
笑っていたのだろうか。

またな、草音号。
f0182606_254370.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-04 02:15 | Comments(12)

来襲CVO(再)

ブログがなぜかモバイルで触っていたら
消えてしまった。

コメントを書き込みしてくださった
mosさん、みぃばさん、ひろさん
すみませんですm(_ _)m
できましたらもう一度コメントいただけると嬉しいです。

では、気を取り直して。。。。
思い出しながら書き直します。


突然ですが・・・・・
ウルトラCVOに乗り換えることになりました!
f0182606_0421441.jpg

っていうのは。。。お約束の

大ウソ。。。。(笑)

先週の土曜日のこと

お客さんといつものように工房で
100Wマーシャルを爆音で鳴らして
アンプ談議や音楽の話で盛り上がっていると
工房のガラス戸の向こうにオレンジなハーレーが
チラッと見えた。

そしてしばらくするとそのガラス戸をあけて
革ジャンのイカツイ方が(笑)入って来られた。
ブログでいつもお会いしている(笑)?
ヨシノブさんが襲来してくれた。

どうも、どうも!と、はじめてお会いするのに
はじめましての挨拶も握手もしないまま
そそくっさとCVOへ直行した。
f0182606_18217.jpg

そしてピッカピカの新車
ウルトラCVOを跨らせてもらった。(ヨシノブさんすみませんでした)
このまま北海道に行きたくなるような雰囲気。
真っ直ぐな道をドーンとはしる雰囲気。

さすがにちょっと。。。。欲しくなってしまった。
もう一台。。。。(笑)
私にもウルトラ病が感染したかも?(笑)

それからバイク談議も盛り上がり
ボブのチェックもしっかりしてもらい(笑)
時間が駆け足で過ぎてしまい
ヨシノブさんはやはり既に
ウルトラ乗りの雰囲気を漂わし
では、また!と
次の走りに向かって行く。
f0182606_18458.jpg

やはりブログでいつもお会いしているせいか
はじめての感覚が鈍くなってしまった。

今度は一緒に爆走して
はじめましての挨拶と握手を改めて交わしたいと思う。

交わしてくださいね。
ヨシノブさん!
f0182606_192096.jpg

[PR]
by blue_harley | 2010-02-03 01:09 | Comments(8)
line

相棒ハーレーダビッドソン ファットボブとの終わりなき旅へ


by blue_harley
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28